気がついてくれた米国・米、中国の軍事膨張阻止 「航行の自由作戦」 対北連携への影響も意識 

気がついてくれた米国・米、中国の軍事膨張阻止 「航行の自由作戦」 対北連携への影響も意識 

中国には手を緩めては、すぐに付け込まれます。これは、中国共産党の理性ではなく、中華人の天性のDNAがそのような思考回路へ結論を誘導させるのです。kazanは台湾で、嫌と言うほど、このような場面を見てきてます。台湾人をモンスター化させたのが、中国大陸の中華人であることを忘れてはいけません。

2017年5月23日・17時、ニュース報道に見るNHKの報道姿勢に見る左翼的セコさ

2017年5月23日・17時、ニュース報道に見るNHKの報道姿勢に見る左翼的セコさ

要は、制作現場に左翼的、反日的風土がまかり通り、要するに、制作現場のディレクターの意向が異常に強く反映され、キャスターも、そのディレクターの意向を忖度する風土が、局内にあるのではと想像しております。

部下の女性隊員殴る 海自補給艦ましゅう海曹長処分事件で思う

部下の女性隊員殴る 海自補給艦ましゅう海曹長処分事件で思う

しかしながら、自衛隊は事実上軍隊であり、ボーイススカウトではないのだから、こうした事態の完全な排除できないだろう。本人や、海上自衛隊の場合は、艦艇全体の生死にかかわる問題になるケースも有りえることも予想されます。間違っても、「女性自衛官」だからという論点は避けてほしいものです。

韓国の「旭日旗狩り」・毅然とした政府の対応を望む

韓国の「旭日旗狩り」・毅然とした政府の対応を望む

政府は、世界中どこでも、いつでも、誰にでも、旭日旗を堂々と掲げ、表示できる環境を保障するべきです。これは、もはや、日本人のアイデンティティーであり、風土であり基本的な生存権の一部である以上、徹底的に相手の主張を封圧するべきです。

沖縄県の第三の県紙に・躍進する八重山日報の講読殺到

沖縄県の第三の県紙に・躍進する八重山日報の講読殺到

記事を書く記者や配達員が取材相手、読者からお菓子や果物を手渡されたり、「頑張って」と激励されたり…。玄関先の新聞ポストに「一緒に沖縄を変えましょう」というステッカーを掲げる読者も現れた。まさにフィーバーではありませんか。公正なの報道、真実の情報をネットの頼るだけで、本来の欲求を抑え込まれてきた沖縄県本島の住民の本音が聞こえてくるようで、心から声援を送ります。

中国には余計な知恵を与えるな

中国には余計な知恵を与えるな

国を危うくさせるほどの美人を、傾国の美人と言います。つまり、手練手管の絶世の美女を為政者に差し向け、まさに「立てばしゃくやく、座ればボタン、歩く姿は百合の花」といった美女をして、為政者を日夜、虜にすることで、国政の遅滞、国政への放漫を起こさせ、しいては国を乱世に導き傾国・崩壊させる手法です。

自らに〝時代遅れ〟の制約課す日本学術会議 軍事研究禁止は国を弱体化させる

自らに〝時代遅れ〟の制約課す日本学術会議 軍事研究禁止は国を弱体化させる

国からの補助金で運営されている日本学術会議が、国家が平和の欲するがため、戦争に備えることの足かせになっってはならないはずです。もう一度、日本を、今度は北朝鮮のミサイルで焦土とし、今度は中国の蹂躙を甘んじて見過ごすというのでしょうか?