「私は自殺しない」2019年12月1日のある自殺を知り、容疑者が言った

中国

中国の多くの体制側の重要人物が自殺し不審死する

過去に、米国を中心に諸外国で中国人、あるいは帰化した中国系帰化人が不審死をし、自殺するいくつかのケースを記憶してます。

 

CCPと濃密な関係のあった中国人の不審死

直近では量子スピンホール効果などで知られる中国系米国籍物理学者で、スタンフォード大学の張首晟(Shoucheng Zhang)教授(55)は2018年12月1日に飛び降り自殺をしてます。 その直前にはFBIによる事情聴取を張教授自身の研究室で受けており、その後の自殺と言われています。

他には2020/02/21 に破綻した・中国・海航集団の創設者である王健(ワン・ジエン)董事長(会長)は2018年7月8日:南フランス・プロバンス地方のボニュー村で転落事故により死亡しています。

古くは、2004年11月9日に米国カリフォルニア州で「ザ・レイプ・オブ・南京」の著者のアイリス・チャンが自殺してます。

 

孟晩舟・ファーウェイ副会長 / CFO逮捕

2018年12月1日 カナダ当局は アメリカの要請により バンクーバー空港で孟晩舟を拘束しました。米国はその後、イランとの違法な金融取引に関わった罪などで孟晩舟を起訴し、カナダに身柄の送還要請を正式に送付しました。

拘束中にスタンフォード大学の張首晟教授の自殺を知ってかどうか、孟晩舟は、「私は決して自殺しない」と語った話を記憶してましたので、ネットで検索しましたが、ヒットシしませんでした。

そして今、保釈中の孟晩舟は外出時にはGPS装着を強制され、いわば軟禁拘束状態下に置かれています。

 

 

ノンフィクション作家・河添恵子が詳細を発信

転落事故死した、海航集団・王健会長は、南フランス・プロバンス地方のボニュー村という観光地で、写真撮影を目的に低い崖を登る途中にバランスを失い転落死したされています。 57歳になる、巨大企業集団の会長が、単独で崖を登り写真撮影する構図は、凡庸なkazanの推理では情景として浮かび上がりません。

複数の中国人の不可解な死亡例をコメントする、ノンフィクション作家の河添恵子氏の動画を視聴しました。  今回投稿するにあたり、その動画チェックをしたのですが、あいにくとヒットできなかったので、記憶をたどり要点を述べます。

・重要なビジネスや研究をしてる中国人の自殺や拳銃殺害事件が米国で起きている 。

・その自殺の経緯が不明 だっったり、殺害事件では、その殺害犯行現場から離れたところの車両で容疑者が拳銃自殺で、発見され、警察は当局は容疑者が犯行後、自殺と結論。

・こうした事例が数件ある。

孟晩舟・「私は決して自殺しない」

「私は決して自殺しない」の対局には「もし、私が自殺で発見されれば、それは殺されたということ」に繋がるメッセージであり、殺そうとする相手への牽制ともとれ、孟晩舟が語ったとされる発言の真意に興味が行きます。

勝手な想像ですが、 孟晩舟が逮捕された日と、スタンフォード大学の張首晟教授の自殺は、同日です。

そして、それを知った孟晩舟が語ったとすれば、仮定は十分に重なります。

また、ある評論家は、「カナダの官憲の保護下」に飛び込んだとする説が、海外にあるらしいという紹介がありました。ネット上の女性の発信者であったと記憶してますので、河添恵子氏、有本香氏、大高未貴氏、あるいは、福島香織氏だったか。。

この3ヶ月以上の間、自分でもどうかしたかと思えるほど、叙法検索に没頭してましたので、正直、記憶が少々曖昧になりかけており、今資料の整理精査中ですので、これから数週間内に加筆、訂正、削除を繰り返す計画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました