引っ越し、疲れましたその1

単身生活をエンジョイしていた活火山でしたが、闘病中のミセス活火山の看病の必要から、単身生活を打ち切り、ミセスの実家でマスオさん生活に。


従って、引っ越しです。


疲れました。


まだ整理はついていませんが、狭い2DKによくぞこれほどの不要品があったものと驚きました次第です。


活火山の性格とトラウマが如実に反映された不要品の山は、現在もミセスの実家の裏庭に野積み状態です。


A型の活火山、今回の引っ越しは、段取りも用意周到に行いました。


が、結果は惨憺たるもの。


最初は部屋の中で目に付くものをリストアップ。一応Excelに。


<性格がモロに出ています>


 


そのリストをトランクルーム行きと粗大ゴミ、持ち込みに分類。


粗大ゴミは業者さんによる撤去、持ち出しと区の粗大ゴミ処理に分類。


インターネットで業者選択、区のゴミ処理料金の積算、トランクルームの契約を行う。


ここまではいかにもA型の活火山の真骨頂でIT思考の活火山、自画自賛の非の打ち所のない段取りでした。


この段階では、もう自分の段取りに酔いしれていましたね。


<性格がモロに出ています>


 


セコイ活火山、運搬についても、引っ越し屋さんを頼まない。


<性格がモロに出ています>


 


荷物の縦移動はエレベーターが使用できることから、台車とパワーゲート車を手配する。


<最高の判断コレも性格でしょう>


 


予定した人数は活火山も入れて3人


一人暮らしの所帯ですからコレでも多いくらいです、普通なら・・・


しかし冷静に考えれば、活火山が50の坂をこけ落ちている最中のイイお年、お願いしようと思ってたのは活火山の先輩。<前回も手伝ってくれたよき先輩です>


<ギョッ!>高齢者ではないですか。


前回の引っ越しは12年前、先輩も活火山もその分若かった。


今回のつまずきの第一は、兵力の年齢時系列的消耗を無視していた作戦ミス。


従って、先輩の申し出を丁重に辞退し、職場の若手(活火山より一回り位若い)を予定するも、本人が肺炎で急遽入院。


従って完全な兵力不足で開戦になった次第です。


兵力は無いものの、機動力を過信した活火山のD-Dayは開始されました。

この悲劇の詳細は次回で。


寝ます。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました