引っ越し、疲れました その2

かくてD-Day初日。


段取りがいいと自画自賛していた活火山、段ボール積めにあたって、<捨てるもの><トランクルーム行き><引っ越し先>と分類しなながら作業を進める。


<捨てるもの><トランクルーム行き>の段ボールが3個くらいになった頃から焦り始める。


なんせ、作業が進展しないのだ→要するに物が多いわけ。


しかも分類すればほとんどは捨てる物→ゴミです。


ゴミはゴミでも、今日日は分類しなければなりません。


結局、ゴミの分類に追われはじめる。


やがて時刻は夕方に。


マンションの一階にあるゴミ置き場のキーがロックされる。


その日が金曜日だから、月曜日まで、ゴミは出せない状況。


ついには、燃えるゴミと燃えないゴミに分類された、ゴミ袋の山の中での作業となる。


まるで、ゴミと10数年暮らしてきたような生活ではないか!


疲れと自己嫌悪、ついには計画性無しの、一部屋づつ整理していくと言った、オーソドックスな荷造り作業になってしまった。


終りの目途がたたない孤独な作業。


身体は肩、腰、腕、指、足の指先までもがガタガタになる。


それでも、引き渡し予定日は刻々と迫ってくる。


段取りよく、機動力を駆使したスマートな引っ越しを絵に描いていたのに<涙>


最後は、まずトランクルームに詰められるだけ詰め<当然捨てる物が半分以上>、残った物<これも当然捨てる物が半分以上>をすべて引っ越し先の裏庭に野積みとあいなりました。


ルーシートで覆った荷物の山を観てるとそれだけで五体が急に痛み出し、整理する意欲が湧きません。


リポビタンDくらいじゃ追いつきません。


以来毎日、チンタラチンタラ、作業を進めてる状況です。


それにしても、今年のこの暑さ。


本当に死にたいくらいです。


これからの人生訓


1.物は、まず捨てる。


2.本は買わない基本的には図書館を利用。


3.チョットした資料はすべて電子化


これしかないです。


 


 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました