NHKラジオ深夜便にはまる活火山

活火山、お年のせいでしょうか、最近眠りが浅いんです。


夜、目覚めたとき、ラジオを聞きます。


圧倒的にNHKの<深夜便>です。


<深夜便>は、NHKラジオ番組の23時頃から5時までの時間帯のコンテンツタイトルです。


無意識に聞き始めてもう10年以上になるでしょうか。


これがたまらなく良いんですよネ。


まず耳にヤサシイんです。


活火山の酔いしれて眠り、時折深夜に目覚めて、寝室の暗闇の中で無機質な時空をさまよう様な意識が彷彿するとき、他の民放局の番組ではスピーカーが騒々しい。


<深夜便>のスピーカーは<アンカー>と言います。


このアンカーの語りが、静かで正確な適切な速度の<日本語>なんです。


視聴者のある方は、<深夜便>はその方の睡眠薬とも言い、又ある方はビタミンとも言ってる様ですが、


まさに、当を得た表現です。


昨夜というより、今朝まで10数回、作家の五木寛之氏の対談が再放送されて聴くことができました。


内容は、氏のエッセイ<ゴキブリの歌><風に吹かれて>で紹介されている部分とオーバーラップしますが、学生時代より作家・五木寛之のファンとしては、大変興味深く聴いたわけです。


早速本日そのシリーズを掲載した番組の月刊誌<ラジオ深夜便>の購入手配をNHKのサイトから終了。


本代は350円で安インですが、送料が300円、これチョット割高感がありましたね。


2,3日中に到着見込み。


さらに今日は、デジカメも購入。


オリンパスOLYMPUS  CAMEDIA:FE150>です。500万画素、光学3倍ズーム、2.5型液晶がついて


¥16,515-、これは安いと思っての衝動買いです。


到着次第、活火山のブログは写真で賑やかになるのでは?


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました