食品表示110番の背景

話題は数日さかのぼりますが、12月8日付けの産経社会面に


>「11月の告発件数 過去最多706件」


の記事が掲載されていた。


この数字を多いと見るか、まだまだ少ないと見るか。


この背景には、劣悪な雇用環境で勤務する、あるいは勤務していたパート・非正規雇用労働者による告発が想像される。


PCが無くても、携帯のメールから告発は可能であり、告発できる環境は一昔前にくらべて数段、いや数倍簡単になっていることを指摘したい。


前にも、言ったことだが、経営者が、こうした情報社会の構造を認識していない。


まして、偽装表示のマニュアルを作成していた事などは、経営者の時代認識、コンプライアンス認識、社会性が欠如しているとしか言いようが無い。


重ねて言うなら、あえて偽装をするなら、身内だけでひっそりとやるしか方法は無い時代なのだ。


その身内にしても、はたしてどこまで信頼できるだろうか。


家族制度や生活スタイルもドンドン変ってきている。


従って、偽装、不正はバレますと言うことを強調したい。


これからも<偽装><不正><アンコンプライアンス>に関する告発はドンドン増えるだろう。


こうして、すべての社会の膿を絞り、はき出すことによってしか、今の社会を正常に戻す事ができない状況が残念だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました