また起きた、通り魔、無差別大量殺傷事件

8日午後起きた、秋葉原の無差別大量殺傷事件。


▼犯人を逮捕するとき、警察官は警棒で立ち向かい、一時犯人と<チャンバラ>的対峙を経て逮捕したらしい。


近年、この種の事件が多発する。


犯人の経歴や評判をTVは、どういう訳か速やかに詳細を報道する。


犯人を知る関係者は


<おとなしい、いい人>


<こんな事件を起こす様な人ではなかった>


<まじめな人>


<etc>


ワイドショー的シナリオはいつもワンパターンだ。


<あいつならやっても不思議ではない>


<危ないヤツだから、日頃から注意していた>


この種の発言が無いのが怖い。


自衛的武器の所持が出来ない日本社会で、これに対抗するには、素手で自分を守る事でしか自衛手段がないことが問題だ。


合法的に対抗するには、


<ひたすら逃げる>


<格闘技を習熟し、身を守る>


これしか選択肢が無いのが現状か?


 


▼最近の事件で共通するのが


薬物中毒者> <薬物常用者>でないこと。


これが、問題だ。


比較的普通の人間が、狂気的、凶悪な犯罪を犯す。


これを現代社会の病巣と言い切ってしまうのは簡単だ。


国家、社会が総力、総出で、この種の事件の根絶に対処する手だてはないのか?


 


▼思いつくままのブログになってしまった。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました