酒漬けの一週間が終わる

多忙な一週間が終わる。

それにしても、なんと大量の酒を飲んだ一週間だったろう。

友人の引越し手伝いで勝浦に一泊。

名目は引越し手伝いだが、実はリゾートマンションに住まいを移す友人宅での一泊の飲み会だ。

リゾートマンションは、勝浦の海が見える高台の中腹。

なかなかのもんです。

そんな中、飲み会の最中に届いた弟からの電話。

よく見るとマナーモードにしていた携帯には、数回の着信記録が。

これで内容は直ぐに想像できた。

亡くなったのは誰か?

 

一泊後、運転をした友人とトラックに同乗し新京成の五香へ戻る。

五香ではラーメン屋で軽く一杯、五香の友人から頂いた自作の野菜を肴に、農業経営の構想を打ち合わせする。

自宅に戻って翌日は亡妻の墓参をしてから、その夜に、TDKの企業城下町秋田県側の鳥海山に近いにかほ市へ向かう。

 

それにしても、にかほ市は便があまり良くない。

飛行機だと秋田空港庄内空港

新幹線ならこまちで秋田からスゥイッチバックで戻る。

それが嫌なら、夜行寝台か高速バスに。

連休最終日の夜行寝台は切符の手配が無理な事から、由利本荘市に母方の従兄弟が多数住む事で、結局夜行バスに落ち着く。

夜行バスには、コンビニでウィスキーのポケットビンを忍ばせて、ペットボトルの水を口に含んで、簡単な一口水割り。

翌日、なんとか伯母の葬儀には間に合った。

にかほ市由利本荘市はどういう訳か、禅宗が多い。

この地域の活火山の親類は皆、曹洞宗だ。

禅宗らしい、<はしょる事>の無い厳かな葬儀が終わって納骨、精進落としが始まった。

そうした中に、かすかに記憶が残る顔が。

従兄弟のMだ。

計算してみると、小学校以来の対面だから50年近くになる。

最近は、祝儀より不祝儀が多い年回りになった活火山、故人は思いがけない邂逅を授けてくれる。

伯父や伯母が亡くなり、当主が従兄弟やまた従兄弟になって、昔、山野を駆け巡り、泥まみれになって遊びほけた<ワラシ>の家を一軒、また誘われるままに一軒、酒を酌み交わす心地よい邂逅。

活火山完全に酩酊しました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました