日米同盟の行方に

普天間基地の移転をめぐり、現政権は相手国から警告を受ける。

4日、外務省で行われた米軍普天間飛行場の異説問題を巡る閣僚級作業部会の第二回会合でのことだ。

産経紙は言うまでのなく、読売でも<編集手帳><緊急座談会>を組んでの論評。

毎日は淡々とどう作業部会を<「米側として現状を懸念している。迅速に解決する必要がある」、「にこやかな雰囲気ではなかった」。同席した外務省幹部も厳しい表情で語った。>と。

日米同盟が機能しなくなった時、日本は、泣いて喜ぶ国に取り囲まれて居ることを認識していない。

泣いて喜ぶ国

ロシア、言うまでもない。

北朝鮮、またまた日本の治安を脅かすか。

韓国、日韓同盟はどこまで信に足る?竹島問題

日中、これほど日本にとって脅威な国は無かろうて!尖閣列島での資源開発では日本領土内から天然ガスの盗掘。

こうした地政学的環境をノー天気で眺めている現政権とそれを支える与党議員。

<仕分け作業>でサディスティックに予算をカットした仕分け人に、日米同盟が希薄になることによるその補填としての生ずるであろう防衛費の増大が理解できまい。

まさか、親子三代で、日露同盟を構築しようとするのか?

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました