死ぬな!自殺をするくらいなら不登校を!

滋賀県大津市の公立中の男子生徒の自殺した問題で、いろいろ報じられている。

他の国の事は知らないが、日本社会には、残念ながら<いじめ>は存在する。

学校や地域、職場等いたる所で<いじめ>は存在する。

関係者が調査の結果、<いじめ>の事実は無かったと白々しく言うが、絶対にある。

あったから死を選んだのだ。

 

<いじめ>のない学校や職場、社会は理想だが、そしてなくそうと努力をしてもなくならない

ものの一つがこの<いじめ>だ。

 

なくなるための、なくすための努力は必要である。

が、この努力をするという事は、<いじめ>の存在を認めることにほかならない。

ならば、どうだろう。

ここには<いじめ>が存在すると明言してしまう。

いじめられて死に追い込まれる前に、学校なら不登校を認めてしまう。

この陰湿な<いじめ>で死を選択する必要は無い。

 

不登校が<いじめ>情報の発信であり、本人の安全保障なのだから、関係者は

はっきりと明言しよう、教育しよう。

<ここにはいじめがあります>

<いじめられて、困ったら学校を休んでください>

<問題の解決まで、不登校してください>

はっきり明言する事が、児童、生徒、学生を唯一自殺から守る手だてだ。

 

少なくとも日本では、<いじめ>はどこにでも、日常的にある。

赤穂浪士の原因となった江戸城松の廊下に刃傷事件にしても、やはり<いじめ>が原因。

日本語にははっきりと<村八分>というキーワードがある。

<仲間はずれ><疎外>

自由で研究、勉学の場である大学にだって、暴力的な<いじめ>が、旧軍隊内務班等は教育という名目

で日常的な暴力的な<いじめ>が存在した事は誰しもが知ることだ。

 

日本の風土に浸透したかにみえる<いじめ>は絶対になくならない。

活火山は明言する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました