それでも小沢一郎

大連立構想がらみ、民主党・小沢氏の去就は、結局氏の続投で一応の決着がついた。


2大政党の実現までには、大きなハードルがある。


一例が<社民党>や<共産党><少数政党の>整理・統廃合だ。


そのハードル越えの一里塚が大連立ならば、今回の1件と結末は、千載一遇のチャンスを逃したのでは。


それにしても<民主党>、辞めたいと言った小沢氏に代わる人材が居ないとは。


これが、自民党だったら、福田氏の代わりの人材は幾らでも居るのに。


昨日、ねじれ国会の中で、法案<被災者生活再建支援法>が一件だけ成立したそうな。


 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました