遺憾

遺憾の意を表する。


とかく何か事が生じると、当事者や関係者が発する表現だ。


辞書によれば<残念であるという気持ちを表す。
〔補説〕 自分の行動を釈明してわびる場合にも、相手の行動に対して非難の気持ちを表す場合にも用いる>とある。


こうした状況下で遺憾の意を表する。


△△△について遺憾である。


この日本語で表現する必要性が生じて入る時は、確かに辞書通りの状況があってのOut-putされてるのだが、受け手にとっては、なんか釈然としない語感が残るのは活火山だけだろうか?


相手の行動対して非難の気持ちを表す時、


「ふざけるな!」


「ナメんじゃねぇ!」


「許さねぇ!」


と言った、怒り心頭に発してのことがあって、それを表現するのだから、


<誠に遺憾です>では何か、温度差が感じられてしっくり来ない。


謝罪するときにしても同様だ。


「本当に申し訳ございません」


「ごめんなさい」


「お許しください」


を発する事で、周りは納得するのではなかろうか。


他人に危害を加えておいて、それが表面化したときに「誠に遺憾でした」では、言われた方が「ふざけるな」って言いたくなる。


最近の沖縄の少女暴行事件。


遺憾の言葉を表現しなければならない状況なんだから、もっと感情高め、激怒の極致を表現し、「度重なるこうした事件が発生し、改善されないなら日米関係を見直す」位の表現をとるべきだ。


評論家的スタンスで為政者がコメントを出していたら、それを聞かされる国民のストレスは増大するばかりだ。


<日米関係を見直す>


     ↓


<自前の安全保障を確立する>


     ↓


<コストパーフォーマンスに優れた自前の安全保障の確立> 


     ↓


<抑止力と防衛力の整備>


     ↓


<△△装備?>


冷徹な論理、哲学があって、それが真剣な<怒り><主張><国家として顔><民族・国家としての品格>につながるのと考える。


ここまで相手に読ませれば、<拉致><竹島><尖閣列島>の問題解決の時間はかなり短縮できるはず。


 


 


 


 


 


 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました