終戦記念日

雲

フィリッピン戦線では、 kazanの母の兄が終戦間際に戦死しています。
子供の頃、 夏休みか春休みだと思います。
母の実家に長期でとまっていたある日、 見たこともない婦人とそのお嬢さんが焼香か、 ご挨拶に来られたことを記憶します。 

戦争未亡人になった戦死した伯父の夫人は、 広島県の呉の方かたと御縁があって再婚するため、旅たちの途中の訪問であったことを、後年知らされました。

血縁のいとこにあたるお嬢さんの気憶は今何もありませんが、背がすらっとしてたのを覚えています。 

69年前の今日は晴れていたそうです。
東京ので天候はどうでしょうか。終戦記念日と言うよりせめて【終戦の日】が適当ではと思tっています。今日は例年以上の参拝者多いでしょう。

多くなっても、靖国は元気のイイ人たちだけのものでありません。 こころ静かに参拝される人はそれ以上多いはずです。 

朝日新聞が誤報報道をしてから、社会の流れがにわかに変わりつつあるのを感じます。 

PCの状態が回復したので、気を良くしてfacebookの詳細を精読してましたら、大変へヴィーな投稿が目に止まり、投稿の引用先や関連れリンクを追うことにほぼ2時間近い足踏みをしてまいました。 

とっかかりの投稿主はkazanが所属するfacebookページの吐出したライターで、いわゆる【友達】なのですが、ことがあまりにも大きく、簡単に<いいね>をポチして、別の投稿へ移ることができなくなったのです。 

今でも重く、のしかかっています。それは【大東亜戦争中の満州国関東軍 731石井部隊】に関する情報投稿です。

情報は、近・現代史での評価を覆す内容です。
kazanは中学時代にこの事項を知り、東京裁判での取り扱いやドラマでの流れに納得をしておりましたので、頭をガツ-ンとやられた感じで、今日の朝を迎えました。


■■■ブログ投稿ソフト【WordPress】での投稿newサイトリンクです。PC・スマホ対応です。

■■■Googleで<高雄><スービック>のキーワード検索結果⇒姉妹ブログがTopPageの No.2, No.3にランクイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました