2020年9月2日、虎ノ門Nを聞いていて。。

facebook

昨夜の夜ふかしで、今朝の「虎の門N」はブランチタイムの朝昼食を取りながらの視聴←ナマケモノか(汗)

この数ヶ月の大高未貴氏の発信は、鋭さ、破壊力に凄み凄みすら感じられるようになり、聞いていて、ワクワクだ。

SNSとブログと資料・メモを組み合わせてみる

半年以上、進行する加齢による思考劣化にあがらい、せんないことと知りながら、日常を漂白しているような自分に嫌気を感じる時がある。

夜に眠れず、気ばかりが何かに急かされて夜行性になり、ネット情報を漁る毎日で、唯一の救いは、明るい時間のジム通いと週4~5回の夕食用のクッキング、それと数日前から、またfacebookが再開されたことだ。

2020年5月21日の投稿を最後に拙facebookページは90日の投稿禁止制裁、つまり90日banになり、その解除が近くなった8月中旬のまたもや、同種同系の過去記事(4年前)を利用規約い違反を理由に、90日の投稿禁止制裁予告が到着していたが。。

90日の投稿禁止制裁予告が到着の顛末は別に詳細を記録したい。

たかがSNS、されどSNS

twitter、facebook、ブログと発信ツールは複数あり、利用し、管理してますが、twitterに関しては、マイナーどころかミクロ、否マイクロ発信人にすぎない存在。 

facebookページ「台湾海峡黙示録」と「台湾架橋黙示録・改」の運営は、市井のtwitterマイクロ発信人でありながら、facebookページの世界では、素敵な友達やフォローワーが2,000人を数えるようになると、人間は良くしたもので、「おだてれば豚も気に登る」現象から、その気になってしまうのが人情です。

ましてfacebook空間ながら、、ページの訪問者には、ネット空間の言論発信コンテンツでメジャーな発信者がいたことを考えると捨てがたい気にもなります。

発信ツールの主砲を封じられたことで

以上のようなことから、不肖kazanにとって、二年程前までは、発信できる楽しみと、発信することで、投稿自体が、日記にもなり、問題について検索、アプローチをした記録ノートのような存在で、紛いなりにも学習した航跡そのもです。

その中でfacebookページは、兵器で言うなら、実に「戦略兵器」であり時には「攻撃型ミサイル」にもなり、あちらの勢力からの正面攻撃には「イージス艦」的存在になっていました。

それが、二年、いや二年半前あたりから、頻繁な90日banがはじまり、一昨年には、それが繰り返し、波状攻撃を受け、その年は一年を超える制裁が継続されました。

最強の兵器を封じられるということは、自衛権すら持たない軍隊が、対抗勢力と対峙する状況とかわりません。

マイクロ発信者は、せいぜいゲリラ的に火縄銃どころか、水鉄砲を放つようなものです。

これでは、まるで遺憾砲の空打ち

出撃回数が一気に低下し、たまに発信しても気が入らず、まるでどこかの政府の遺憾砲同様です。

思考回路は劣化し、日常的にネット空間に身をおいても、まるで引きこもりのおっさんが狭い部屋で端末とにらめっこしている状況とさほど変わりません。

これでは生産性ゼロの官僚の「ことなかれ主義思考」同様レベルです。

思考の劣化は記録保存という習慣すらいつしか退化させてしまいます。

しまいには、SNS上の繋がりすら、緩慢になってしまいました。

covicがカンフル剤になった

忘れもしない2020年春節前夜の大晦日、つまり2020年1月24日です。

台湾式の大晦日の夕食(大体がホームパーティー)に招待されたものの、気乗りがせず、前半の一部に顔を出して、自宅のベッドで、端末の動画情報を検索してました。

動画で見たのは、中国武漢発の「covicによるエピデミック」を伝える情報でした。

カンフルどころかカクセイ剤レベルで、小市民的に縮小を進行し続けてたオツムはアドレナリンが充満されました。

別の動画をググると、2010年当時から、チャンネル桜の視聴で知っている月刊中国の鳴霞編集長が、現地から中継で発信してるかのうような動画が緊急を伝えています。

2020年1月24日から気分は戦闘モードで非常時

怠惰な二年間を引きこもり状態になっていた、思考にスイッチが入りました。

味をしめた猿のオナニー同様の、端末を叩き、検索をしまくりました。 その記録です。

中国武漢ウィルス 検索で使用したキーワード& キーフレーズ、hitした人名、団体キーワード 2020年1月24日~4月
3ヶ月間武漢ウィルスに関する情報を検索に使用したキーワードとキーフレーズを集めた。キワード、キーフレーズの集合から、武漢ウィルス問題の核心が見える。異変を知った時に最初想起した闇と謎の本質は、羅列した断片をつなぐと形になる。

さらに一昨日にSNSに関してもスィッチが

思考の兵站が整備できたような気がする。

二年程前までは、発信できる楽しみと、発信することで、投稿自体が、日記にもなり、問題について検索、アプローチをした記録ノートのような存在で、紛いなりにも学習した航跡そのもの

一連のささやかな思考作業を、もっとも整理しやすいWordPress環境のブログを中心にシステム化

その一歩、今日最初のtwitter記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました