4ヶ月間気になっていた三本の動画をシェア投稿します

中国

昔から三点セット大好きな性格

古くは朝日新聞による捏造された慰安情報により日本が貶められたことを、国民の代表により総括するべきと考え、国会招致三点セットをブログとSNSで提唱しました。

『昔から、五三八「ゴサンパ」は嘘の始まり』とかで、祖母から屡々戒められたものの、三の字が入る安定性が好きです。後年では馬券の3点買い、3連複馬券、3連単馬券等の購入経験も手伝い、この三点セットにもなかなか捨て難い思い出があります。

今回は中国発症源の武漢ウィルスの感染拡大と世界規模のパンデミックのバックグランドを発信した動画を三点セットで発信します。

しかも、従来このジャンルの動画は、とある勢力の妨害工作で、すぐにも削除されるパターンが普通でしたが、投稿者の背景検証する限り、削除リスクは限りなくゼロと判断できます。これは歓迎できる状況です。

CCPの本質を暴く動画・独裁委員会

この動画が発信する迫力には圧倒されます。

このコンテンツのライターは誰なんだろう? 

70年の空気を多少なり知る者として、自身の軽薄な概念にある左翼・活動家のイメージからはここまで鋭利な論理を展開しリアルな臨場感で実態に迫るライターの制作力に驚かされます。

自分の古いノートにあったA世代(1930~1935生まれ)の群像の著作や作品とは比べようもない迫真力はそのままCCPの本質を投影したと感じます。

5分59秒

CCPの本質を暴く動画・独裁委員会
視聴した感想は、迫真力が全開モード。もし、ここで使用されるた言葉を完全に、巧みに使いこなせたら、ディベートでは常に勝者なれると確信できる。

ファーウェイ副会長の逮捕を連想させるスティーブ・バノン監督の作品

ファーウェイ副会長の逮捕は2018年12月1日ですから、すでに一年半近い時間が経過してますが、自分の記憶の中では未だに風化しておりません。

逮捕から約1年後に中国を発症源とするが報じられました。翌1月24日に状況知ったkazanは、日常的習性で武漢市の封鎖の「封城」という標記のキーワードから派生したキワード群の検索で情報にアプローチをしてました。

ファーウェイ副会長の逮捕劇は、直接的には武漢ウィルス感染症パンデミックとは関連付けはできませんが、パンデミックの責任問題を問う世界の潮流は、公衆衛生の問題を遥かに超えた、政治問題としての構図を見ることが出来、その中核にあるのがCCPです。

コンテンツは、その問題と背景の関係をリアルに発信しているが解ります。

スティーブ・バノン監督は、元米海軍将校で日本での勤務経験もあり、トランプ大統領政権誕生当時、2017年に約半年間トランプ政権で首席戦略官兼上級顧問を務めた保守系ビジネスマンです。

kazanのノート・メモ

kazan note

以下のキワードからスティーブ・バノン監督の「赤い龍の爪」をリスト

「台湾メディアのソース」「大紀元」「大紀元・香港」「新唐人」「新唐人電視台」「新唐人TV」「NTD」「CPAC」「スティーブ・バノン」「FOXTV」

スティーブ・バノン監督の動画「赤い龍の爪」

54分17秒

スティーブ・バノン監督の動画
リアルなこの映画を見て、心中穏やかならざる日本人は多いはず。ファーウェイの副会長が逮捕された構図を指摘し発信しているディープな映画だ。

CCPの国防動員法で米国企業・3Mは国有化された

1連の検索作業の過程で2020/04/25 にヒットしたコンテンツです。

それまでは、日本のSNS情報と報道で、日本のドラッグストアの前に早朝からマスクのい大量買を目的に列をつくる在留中国人の様子は承知しておりました。

こうしたマスク不足の過程で、知った以下の事実には、怒りを発信しました。

・二階幹事長による500万枚のマスク贈呈

・2月4日の小池知事の防護服2万着の提供と追加の追加で5万~10万着の検討を伝える日経と時事の記事

この10日前の1月24日から集中的に始めた検索で知り得た事実は、台灣政府が軍事マターとして事態に対応している事実と、日本政府は中国当局情報とWHO情報で「水際」の検疫で対応することを華々しく発信する日本政府の危うさと対応の脆弱性を感じておりました。

そして2月~4月の間、深刻な日本のマスク事情を知り、買い占めたり、並んで大量購入した在留中国人を非難する投稿をSNSでしたことを記憶してます。

台灣ではこの間、必要なマスクや消毒用アルコールは台湾政府の統制下で不自由を感じること無く入手できていただけに、「台湾政府ができることが日本政府は出来ない現実」を憂いていました。

その背景に隠れていたのがCCPによる、国防動員法に基ずき、世界規模のスケールで実行された組織的な医療資材の買い占めがでした。

その構図を伝えたのが4月25日にNTDのコンテンツです。

11分09秒

CCPの国防動員法で米国企業・3Mは国有化された
これが中国共産党・CCPの素顔で実態。結果、世界中は医療資材不足に陥り、中国を発症源とする武漢ウィルスの感染症パンデミック対応する医療現場の資材困窮の原因を作り出した。国防動員法は、中国進出の海外企業の生産品すら輸出を止めて製品を中国国内に集中させた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました