反日マスコミ

スポンサーリンク
反日マスコミ

朝日の報道で、K国の例の支援団体の正体が見えてきた「K国・元慰安婦支援団体・挺対協の矛盾の矛盾

朝日の報道だが、記事の背景の矛盾とあの朝日がスクープと言えない、しかも保守が喜ぶような記事を発信する不可解。
デジタル生活

1ヶ月以上、本グログこの更新をしてなかった。。チョット、休み過ぎだったか(反省)

例年のことながら、12月になって、身辺多忙になり。。 数年前、在留関係事務窓口を台北の交流協会切り替えた結果、誕生月の12月になると、例年のことながら、証明や手続きの発送で慌だたしくなります。 それに、少々老化が手伝い、ツマ...
facebook

「表現の不自由展」の報道手法に異議あり、問題の本質は反韓・嫌韓ではない

9月26日に「表現の不自由展再開報道・朝日★これは、開きなおったと理解」を発信しましたが状況は全く変わっていない。 門田隆将氏が「新聞と言う病」を上梓して、べすとセラーになっています。 出演するネット系発信動画コンテンツでは、対談相...
NHK

表現の不自由展再開報道・朝日★これは、開きなおったと理解

朝、ラジジオで聞いた時、間違って古いコンテンツを選択したのかと思ったほど。。 これが、自治体の論理だとすれば、選挙民はよくよく吟味して首長選びをしなければいけなくなる。情報が豊富、情報リテラシーに長けた選挙民ばかりでないことは、今や常識。...
katsukazan

切り込まれたNHK★この数ヶ月、ネット空間で門田隆将氏の過剰露出が顕著な理由が判った

新潮社・週刊新潮出身のジャーナリストの緻密な訴求力の破壊力がとてつもなく大きい ネット空間で門田隆将氏を強く記憶するのは、オーム事件犯の死刑執行後に自著「オウム死刑囚 魂の遍歴 井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり」を持参し、番組の...
katsukazan

月刊Will、 月刊Hanada が元気な理由が現実の日本と推察できる

日本の言論系月刊誌の主役交代が顕著になった現実を未だに、認識できない人、グループがある 「月刊Will」、 「月刊Hanada すくなくとも、台湾・高雄にワープする以前は、「月刊Will」、 「月刊Hanada」の存在などは記憶にありま...
twitter

左翼、リベラル、反日が社会の向こう側に進行形で追いやられているのが見えてきた

外から日本を見れば、案外見える部分がある日本社会の構図 #日本の一部の新聞 #一部の新聞 #日本の一部のTV #一部のTV が向こう側で、こちら側が今ネット系という構図になりますが、ネット系の発信空間は実にバラエティに富出ている印象がとて...
facebook

講演会メインスピーカーとして来台した著名女性言論人の有本香氏

昨日、幸運にも、有本香氏の講演会に密着潜入成功\(^o^)/ 会場で配布されたレジメの裏面に東京キー局の地上波テレビ視聴率で興味あるグラフが印刷され、その事への主席していた台湾学生は、スピーカーに質疑されました。 幾つかあっ...
twitter

大政翼賛会の戦意高揚本「隣組読本・戦費と国債」を取り出した、朝日の原真人論説委員の言論人生命

BS朝日激論!クロスファイア」でフルボッコにされた原真人氏の狼狽ぶりはGoogle検索トップから見れる 「2019年5月26日 BS朝日激論!クロスファイア」でフルボッコにされた原真人氏のtwitter発信 Google検索トップ記事は...
twitter

原真人朝日新聞経済担当論説委員が高橋洋一氏にTV討論でフルボッコ

激論!クロスファイア 髙橋洋一 vs 原真人 - 2019年5月26日 BS朝日 原真人テレビ対談 高橋洋一 ボコボコ の検索 <原真人テレビ対談> <高橋洋一> <ボコボコ> コレが検索に打ち込んだキーワードです。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました