中国共産党

スポンサーリンク
ニュース

「今そこにある、本当の危機」、名護市長選挙の勝利の余韻で、ハイに。。

祝・名護市長選挙で渡具知武豊氏の勝利 やはり朝日が書けば、渡具知氏の名前は出ず、「新顔」当選と言う表記になるのだな。。 朝日デジタルの速報を最初に見たのが、昨夜4日の開表後間もない23時32分の配信記事です。 「名護市長選、自公系...
中国

「24日・成田空港で中国国歌、職員に暴行・逮捕」・産経紙の追記事

成田空港で中国国歌、職員に暴行・逮捕…中国人観光客はなぜ日本で暴れるのか・【矢板明夫の中国展望】から 事件の背景に記事は 中国人観光客の心の中に、「法治国家日本であれば、多少暴れてもよい」という安心感があるようだ。 とあります...
ニュース

中国の 海航集団(HNAグループ)の資金不足を伝える経済誌から、独り言

中国海航集団、1-3月に約2580億円の流動性不足に直面も-関係者・bloomberg 米国系経済情報メディアのbloombergの情報ですが、この一ヶ月余りの間、関連情報は日本経済新聞、ウォール・ストリート・ジャーナルで...
中国

出た、環球時報による安倍総理の施政方針演説の高評価・判り易い中国の本音

中国紙、安倍晋三首相を評価 「関係改善への望みは本物だ」=腹筋崩壊し壊死状態(笑) 産経紙は1月23日、産経ニュースで『中国紙、安倍晋三首相を評価 「関係改善への望みは本物だ」』の記事タイトルで、前日22日の通常国会での施政方針演...
ニュース

杉田水脈衆院議員「後ろから鉄砲を撃つ、つぶしにかけるようなことはやめて!」正論2月号

正月が終われば、雑誌業界は2月号の世界です。 正論2月号が発売され、今日の産経ニュースのオピニオンとして「正論2月号」を取り上げられ、「世界の記憶、韓国『慰安婦の日』…左翼の牙城『赤い国連』でいかに戦うか」に目が行きます。 ...
ニュース

「中国潜水艦の進入で日中関係は仕切り直し」日本が発信すれば、軍のフライング主張はミエミエ

中国潜水艦の進入で日中関係は仕切り直し 河野太郎外相の訪中で真意探りたいが…産経紙 産経紙16日朝刊一面半分の7段で、10、11日に日本の接続水域に侵入したChina商級攻撃型原潜の侵入概要と侵入艦の詳細を報道しましたが、その関連...
ニュース

接続海域に侵入した中国潜水艦に対抗する一案を解説した高橋洋一の国際関係論

接続海域に侵入した中国潜水艦 先週の11日に「首相官邸・危機管理」から配信されたtwitterで知らされた中国海軍の潜水艦による潜航航行での接続海域への侵入の一報には、かなりエキサイトしてトサカに血流が上がりました。 こうした興奮が...
ニュース

産経紙・河崎真澄氏の【河崎真澄の緯度経度】が興味深い

加熱進化する中国のキャッシュレス社会の裏側 連休明けの1月9日産経紙のコラム、【河崎真澄の緯度経度】で紹介された中国のキャッシュレス社会が進行していく様が、英国の作家・ジョージ・オーエルの「1984年」に描かれた監視社会をなぞらえて、一党...
facebook

歴史戦・朝日新聞・本多勝一元記者の写真消えても、状況は一向に変わらない

これは中国の譲歩でも変化でもない 歴史戦は、韓国や、日本国内にいる反日左翼、中国が主な相手になりますが、韓国との歴史戦や日本国内に半日左翼は、かなり追い詰められており、多少の時間がかかりますが、「モグラ叩き」の手法で対抗可能なステージにな...
ニュース

こんなニュースを待っていた・【習氏「新時代」、終身体制も】

習近平・中国 中国共産党大会が終了しました。 同大会で冒頭に3時間半に及ぶ演説については、国内では言論の自由が制限されれている関係上、新たな衣替えをした指導者をヨイショする論評ですが、海外の論評は概ね酷評です。 kazan流で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました