ニュース一覧

昨日/台湾時間正午、NHKニュースの中曽根元総理の訃報報道の尋常ではないスタイルに驚く

1985年、中曽根内閣総理大臣の靖国神社公式参拝に反対抗議をした。これは抗議をした中国にとっては、想定外のことで、言われた日本にとっても想定外のこと。これがターニングポイントになり、揶揄を込めていうなら、いわゆる日中関係が正常化した瞬間であり始まりでした。

最近は沖縄疲労派です。最近は別の言い方もあるやに聞いています。

首里城の焼失事件で、コメントを入れようとしたのですが、つい、facebookの方はスルー。最近は沖縄疲労を覚えたのが理由。出火原因と責任の究明が先行するべき段階で、いつもの左翼メインストリートメディアが情弱者を「情緒」で取り込んで、募金を煽っている。登録された世界遺産は基本的に無事だと言うのに。。

いかにも小池知事らしい尊大な表現を選択した発言、貴殿は何様なのか?

尊大な発言は、練に練られた末の、自分は被害者だとするスタンスで、都民の利益は最大限にまもる、最適な知事であるとする、ここでも小池哲学のパフォーマンスが色濃く出ていて不快感が増幅された。3年前のリオ五輪閉会持が頂点でパンダ役は終わったと見る

戦後、日本の多くの軍人は、兵を語らず、半世紀近い間市井で生きたはずだが、福山議員の逆ギレにはドン引き

皆から、避難されることを、嬉々として行い、ハチャメチャな劇場型国会運営手法を肩で風を切って行った政権が、いまは逆ギレをする。これじゃ、漁船沈没事故に関して日本に謝罪と賠償を請求した北朝鮮と同じで、日本の野党は、なぜこうも、反日国家の思考や行動を足並みが揃うものか興味がいく。

一つの空間を共有できる喜びをしみじみと堪能★興奮し、感動し、泣いた

半世紀前、西日が傾き賭けた時間、秩父宮ラグビー場の少ない観衆の中で、晩秋、初冬の梢を抜けて吹き刺す寒さに震えながら、応援歌を謳い、気勢を上げていた時代には夢どころか想像すらできなかった事が実現しているのですから、仰天、感動、奇跡でおもわず泣いてしまいます。

祝・ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏のコメントがいい

「日本の川上の技術は強いが、川下に(米国の)GAFAのような会社が無い」と言う発言が、NHKのニュースで聞こえた★いい意味で、共有したい。この「川上、川下」発言のメッセージは、失われた20年に日本への警鐘であり、金言である。

「表現の不自由展」の報道手法に異議あり、問題の本質は反韓・嫌韓ではない

物言えば。「ヘイト」disッてるとサヨク、リベルは攻撃して騒ぎたてるのは常識的だから、婉曲に表現するが、アホな相手にはコチレの意図は通じない。かれらの、思考能力と回路は大丈夫かな?

10月3日、twitterのタイムラインに並ぶ発信の記事の頻度で世間を知る

この2日、「ユダヤなんちゃら」の動画を堪能し過ぎ、twitterを開かなかったら、アイコンの通知には120件以上のフォローさんのメッセージが並ぶ。ブックマークに仕分けると、話題の焦点は圧倒的に香港民主デモへの心配で、韓国関連はほとんどありません。これで、もう流れが見えてきたようなもの。

香港の抵抗運動★日本政府、日本社会、議会、メディアに求めること

日本発の発信が見えないことへのいらだち。一日も早く、良心的で、世界標準のメッセージを発信するべきです。いま世界の世論と、米国の牽制が最も有効とするなら、ネット空間が最も成熟していある現在、あらゆる手段で、香港市民の支持を発信し拡散するべきでしょう。

温暖化の問題も行きつくとこは。。

国連 「気候行動サミット」 、日頃より、リベラルとリアリストの激突の場である、ジュネーブの国連のことではないので、国連解体論論者、反国連至上主義、脱国連原理主義者としても、多少は関心を寄せる価値、必要性を頭から否定できません。

ツールバーへスキップ