一帯一路一覧

どうなったのか?OBOR(一帯一路)2019 Summt in HongKong

予定では、9月11日12日香港で開催されてはずのOBOR 2019 Summit 関連情報とニュースが、検索でヒットされません。異常なことです。台湾のネット環境は、すでの中国のサーバー統制と管理下にあって、ヒットしないのか?異常なことだ。

北京を訪問したハシナ(バングラデシュ首相)を厚遇し、インフラ整備・310億ドル

310億ドルは三兆円を超える金額、新関西空港は一兆円のプロジェクトだったから。。関空三個分の金額。やることが解りやすい中国の動きですが、最近特に解りやすいから、逆に、のめり込んでいる、政財界、メディア、企業が心配になります。

facebookからは垢Ban30日、他のSNS投稿3月4日編ーその壱

SNS空間のTwitterと今や天敵のfacebookをトランプ大統領を切り口にして、中国の一帯一路と宇宙開発のは同じ根っこにあり、目まぐるしい国際情勢の中で、国政の足を引っ張る野党にツッコミを入れてみた。twitterもブログに挿入しながら発信するとブログの表現がかなりリアルになるよう気がする。

習近平王朝?反日国家は王朝がお好き?

昨年突然死亡しましたが、サンフランシスコ市長は中国系でしたし、多くの地方市議会で、中国系移民の子孫が、議席を獲得していることは衆知のとおりです。そこで2050年頃、中国系の米国人が米国大統領に就任する可能性は排除できません。少なくとも9年前にオバマ大統領を誕生させた、アメリカ社会は、「人権」を前面に出された時に、時として選択を誤ることは歴史が証明してます。

日米欧に出回る模倣品の7割が中国製、これだけでは驚かない。。

一帯一路の進行で、従来は農業や牧畜といった自給自足型経済社会が否応無しに消費型経済社会に移行するし、その地域はあらたに、それまで、情報が無く、存在を知らなかった、商品が、中国製により比較的安価に購入可能になります。そうなれば、雪崩を打ったように中華製品が押し寄せます。

安倍総理のバルト三国&ブルガリとセルビア訪問の真意

安倍総理の外交展開には三点の目的に集約されると思います。 その1が中国の囲い込みで主の一帯一路の牽制  その2がロシア外交  その3が、kazanとしては、本来第一に上げるべきでした、G7外交

「このままでは国益守れず」 外相 中国の影響力拡大に懸念表明

こうした現実をこの十年程前から日本社会に発信し、とりわけこの過去7年位の間、その情報量を増大させ活性化させていた、経済系の作家が、DVで逮捕されました。この十年で、作家のリフレ政策のかなりの説得力を理解した人が昨今特に増えつつあるときに、この結果がどのような展開に進展するのかを注視したいと思う限りです。

メルケル・ドイツの行方と英国

英国とドイツの女のいくさがこれからどのような火花を散らすかに興味が行きます。メルケル氏は、半島動乱後管理協議で、海洋国家グループが会議の進行と運営の中心になることをすでに予想しているでしょうか?

馬鹿過ぎて、記事にするのも億劫な「中国の民主国家大国論」

中国は世界史的には100年以上遅れて走り出した帝国主義で、世界を圧倒しようとしている、世界最大の民主国家どころか、新帝国主義国家と言えます。

こんなニュースを待っていた・【習氏「新時代」、終身体制も】

習近平が国家指導者である間に、こうした一連のことを計画的に推し進め、その野望は、2040年代のアメリカ合衆国の人口比率で、白人層が過半数を切った時に、非白人系大統領の誕生で成就は単なるSF小説ではありません。

ツールバーへスキップ