Home一覧

必見・必聴/緊急&朗報、電通の赤字転落を切り口にした、渡邉哲也氏のメガトン級アピール

ネットユーザーなら、NHKの制作現場、番組編成、報道が尋常ではない状況にあるのは常識のはず。パブリックコメントを政府が募集中です。SNSでパヨクをデスるエネルギーを総務省へのパブリックコメントに反映させよう。

2週間の動画漬け生活を体験して。。

いつも視聴している動画コンテンツ以外の動画コンテンツと遭遇。ネット空間はリアリストが発信するコンテンツで溢れている。

臥せっていた本朝未明に、突如スマホが不調・サーバーが応答できません

最近ネット環境に異変が生じると、すぐにZ国の妨害を直感してしまう。生まれてはじめての二週周間の引きこもり、寝て、起きて、食べて、伏せての生活は、生まれて初めての経験でした。そんな中でのサーバー障害をしてされると、いつもの癖、またZ国が、「は病身のkazanを狙い撃ちか」とまで考えて、眠れなくなります。 そんな中でのサーバー障害をしてされると、いつもの癖、またZ国が、「は病身のkazanを狙い撃ちか」とまで考えて、眠れなくなります。

10月3日、twitterのタイムラインに並ぶ発信の記事の頻度で世間を知る

この2日、「ユダヤなんちゃら」の動画を堪能し過ぎ、twitterを開かなかったら、アイコンの通知には120件以上のフォローさんのメッセージが並ぶ。ブックマークに仕分けると、話題の焦点は圧倒的に香港民主デモへの心配で、韓国関連はほとんどありません。これで、もう流れが見えてきたようなもの。

昨日と今日、あるブログを投稿して、ファイクする心が判ってきた

断片的な情報の断片を駆使して、捏造やフェイク、創造と想像をするファンタジーの楽しさは、経験すれば病みつきになりそう。

切り込まれたNHK★この数ヶ月、ネット空間で門田隆将氏の過剰露出が顕著な理由が判った

 #日本の一部の新聞 #日本の一部のTV を非難してますが、今回は「メディアという病 ~朝日新聞・NHK編~ by 虎ノ門ニュース」で特にNHKのクローズアップ現代、時論公論です。切り込む門田隆将氏の追求は手を緩めるところがなく、緻密で相手への破壊力は巨大。

どうなったのか?OBOR(一帯一路)2019 Summt in HongKong報道と情報のその後

昨日、香港で行われたはずの一帯一路・OBOR 2019香港サミットの情報、ニュースが検索してもヒットしないことをブログ投稿ですが、とにかくネット空間で開催の情報がまるでない状況で開催終了日になっても情報、ニュースはゼロ。どうなってるの世界のメディアの取材体制は?それでも、NTT系のポータルサイトのgooで日経新聞の情報がヒットしEdgeで、気になる記事がヒットしたが、エンジンはまたもやgooだった。

どうなったのか?OBOR(一帯一路)2019 Summt in HongKong

予定では、9月11日12日香港で開催されてはずのOBOR 2019 Summit 関連情報とニュースが、検索でヒットされません。異常なことです。台湾のネット環境は、すでの中国のサーバー統制と管理下にあって、ヒットしないのか?異常なことだ。

月刊Will、 月刊Hanada が元気な理由が現実の日本と推察できる

日本の言論系月刊誌の主役交代が顕著になった現実を未だに、認識できない人、グループがある。 それは、今元気な「月刊Will」、 「月刊Hanada」の寄稿を許されない、向こう側のいつもの面々と言われる言論発信者とそのサポーターだ。 つまり、りべらルはもはや完全に後退した。

10年ぶりの再起、ベンチプレス40Kg

60Kgまで追い込んだベンチプレスを止めて7年のインターバル後、ようやく40Kgまで追い込みました。残る1年でどこまで追い込めるか。目標は80Kg。週二ベンチで、4ヶ月で60のプログラムがクリできれば、80は視野に入るようなも。

ツールバーへスキップ