5月1日・午前、「いずも」が出港

5月1日・午前、「いずも」が出港

連休の谷間の5月1日、海上自衛ヘリ搭載一通甲板型護衛艦「いずも」が出港したとするニュースは、インターネットラジオの「FM葛飾」・読売ニュースだと思いますが、FM局の発信するインターネット放送で知ることとなりました。

WEB版・産経ニュース速報では、日本時間10:10にアップされていたようです。

産経紙のタイトルとサブタイトルが、このニュースの重さを視覚的に伝えてくれます。

【海自艦「いずも」、房総半島沖で米海軍の補給艦と合流 同盟誇示、北朝鮮牽制】

自衛隊が初の米艦防護へ「いずも」出港 安保関連法新任務、太平洋で 北朝鮮を牽制 施行から1年】

記事リンク

http://www.sankei.com/politics/photos/170501/plt1705010013-p2.html

蓮舫

連休中の国会休会中、安倍総理、岸田外務大臣の等の外遊を受けて、民進党の類まれ無いお笑い党首が、非常時に国を留守にする政府の姿勢に噛みつき、「危機管理体制」がどうなっているかと苦言を呈した記事が数日前にありました。

蓮舫に言われた安倍総理、岸田外相はこの情報を聞いて驚愕したかどうかの確認ニュースは入っておりませんが、さぞや腹筋崩壊したのでは想像するkazanです

でもあの蓮舫に言われたことが、トラウマになって、今の危機管理と外交戦力にブレがあっては、甚だ憂いを残すことになりますね(笑)

包囲網は出来たが、お寒いミサイル防御

さて、産経紙では、詳細な画像が頻繁に発信されております。

以上は、北朝鮮包囲網の概略ですが、全体的な攻撃は体制は完全な優位に立っていますが、日本のミサイル防衛体制は防衛上の機密も相成って、詳細は明示されておりません。

画像で見る限り、先制攻撃が日本本土の最大の防御である状況は歪めません。「九条の御札」は「黄門様の印籠」よりも威力無いのです。

九条の御札

「コラッ、福島瑞穂、辻元清美!どうしたんか!」

多年の無駄飯を貪った償いで、福島瑞穂、辻元清美の両議院が、白装束で、北京経由で平壌へ入り、得意の「九条の御札」を出して、朝鮮半島危機を解決して欲しいkazanです。

成功した暁には、勲章の叙勲もやぶさかでは無いのですが、当然両名が参内して叙勲を受けるシーンはイルージョンですね。

リアリズムのへの一歩

左翼がジタバタしても、現実的な問題の解決内になりません。

安保関連法施行から1年、日本の防衛活動が又一歩、現実対応に近づいたことを意味するニュースですが、これは単にリアリズムのへの一歩の過ぎないはずです。

いずもの出港で、又もや、阿呆な市民団体である左翼からは「米国の戦争に加担する道筋ができる」との声が上がったようです。

左翼の完全な「脳内お花畑症候群」には、毎度の事ながら、「進化しない懲りない面々」としか形容できないkazanです。

【米艦防衛】いずも出港の横須賀で抗議行動 一方で連携強化に理解の市民
米軍の艦艇を守るため海上自衛隊の護衛艦「いずも」が出港した神奈川県横須賀市では1日、市民団体から「米国の戦争に加担する道筋ができる」との声が上がる一方、緊迫する…
ツールバーへスキップ