備忘録として、SNS空間・2017.7.19のネット空間の断片情報まとめ

蓮舫がkazanの戸籍開示を要求したら、それは差別で、蓮舫はレイシト

お上から税金を原資とする資金を、年間三千万以上の支給を受けていない、正直な国民の一人であるkazanが蓮舫に戸籍開示を求めても、それは差別にはならない。

しかし重籍を隠蔽し、選挙民を欺いて、日本の単独国籍を持った帰化人として国政選挙の立候補した事は資格要件が不十分であるから、これは犯罪行為そのものです。

青学の公法学科を優秀な成績で学位を取得し、タレントのサンマには、その法学士としての見識を、出演したバラエティーで絶賛された蓮舫の認識は、公法である戸籍法や公職選挙法を犯した、犯罪行為の確信犯に他なりません。

SNSでは様々な意見が飛び交っています。

埋め込んだ記事はFBのタイムラインから、FBFの投稿画像を貼りました。

備忘録としてのタイムライン 2017.7.19 #蓮舫 #二重国籍

動画、画像、コメントが満載です。

これで、直近の情報は全て掌握できます。

まさに、クラウド備忘録です。

削除されるリスクも、アカンと停止のリスクもありません。

左翼の圧力はへでもありません。

来るなら来いです、パヨクのみなさん。

アゴラ情報追加

しかしこの嘘は、辻褄が合わない。パスポートが1984年に失効していたら2016年に国籍喪失の手続きはできないし、国籍喪失できたとすれば有効なパスポートをもっていたことになる。これは絶対絶命の二律背反だが、ただ一つ明らかなことがある:彼女は嘘をついているということだ。

台湾海峡黙示録・改さんの投稿 2017年7月19日

タイムラインリンク

https://twitter.com/search?src=typd&q=%23%E8%93%AE%E8%88%AB%20%23%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%9B%BD%E7%B1%8D

ブログタイトル下アクティビティの案内

  近頃、とあるSNS空間での発信に関して、大変窮屈な思いを感じております。 同様の印象をお持ちの方や、自身のアカウントについて、投稿制裁を受けた方も多くいる事と推察します。 取り急ぎ情報共有を目的とした、掲示板を設定しましたので、皆さんでご利用されれば嬉しく存じます。 ブログタイトル下・ブルーラインアクティビティ」からお進みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ