流行語大賞候補になるノミネート30選に入らない「偏向報道」

流行語大賞の選考委員というより選者というべき存在の面々。

姜尚中、俵万智、室井滋、やくみつる、「現代用語の基礎知識」編集部長の清水均の各氏、この面々からは、30件のノミネートに「偏向報道」「報道しない自由」「世論操作」「朝日新聞」「テレ朝」「TBS」が入る余地は全く無いですね。

「死ね」も入っていないようだから、一回くらいは忘年会代わりに使ってみようと思います。

流行語大賞、死ね!

下は、メモ代わりにアップしているkazanのホームページに投稿した記事の引用です。

流行語大賞候補になるノミネート30選が公開されました。

この中に政治・社会的な用語は、 アウフヘーベン、炎上○○、共謀罪、人生100年時代、忖度、ちーがーうーだーろー!、働き方改革、プレミアムフライデー、ポスト真実、魔の2回生、ユーチューバー、ワンオペ育児でした。

「偏向報道」「報道しない自由」「世論操作」「朝日新聞」「テレ朝」「TBS」が入らないのに不思議を感じるのですが、これはオレだけか。。

報道の記事では、「ネットのPR動画はなぜ「炎上」するのか」が指摘されていましたが、

これの背景は、情報媒体の主役が、既存メディアからネットに移動しているという事実があります。

当然広告の媒体も、紙媒体や、テレビ映像媒体といった旧媒体からの移行が始まっているという、はやりの言葉を使えば、業界の地殻変動が始まっているということでしょう。

主役の名前や顔ががネットに露出した印象と、タイトルがセンセーショナルになりました。

なんの変哲もない一言をクローズアップして、読者の好奇心を刺激する、つまり記事にある「炎上」狙いです。

詳しくは、昨日の拙ブログを御覧ください。

これを根拠すれば、辻元清◯、福島◯穂、山尾志◯里の各氏は、その対象になり易いと言えます。

そう言えば、この種の投稿では、蓮舫氏の「19ページもある蓮舫の公開した戸籍謄本 ページを見て唖然」の炎上ぶりはいまだに記憶に残ります。

youtube動画のコンテンツ名表記に異変
かって主張する保守は、「コテコテの右翼」というのが通り相場でしたが、今は冷静で合理的な、そして現実主義的な保守勢力に、二皮も三皮も向けて、鮮やかに変貌したことを意味します。改憲の国民投票までは、あと既に1年半余りになった現在、保守は自らの主張、理論の新鮮さと賞味を維持しつつ、反日・左翼の封じ込めに精力と情熱を傾注しなければならないと考えます。
流行語大賞ノミネート30語 なぜ「このハゲーッ!」は選ばれなかったのか 事務局に聞いた
年末恒例「現代用語の基礎知識選2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表された。その1つに、豊田真由子元衆院議員(43)が当時の秘書に発した「ちーが…
ツールバーへスキップ