民進党崩壊一覧

日本政界地殻変動・早く見たい中国の論評

人民日報か環球時報が間違いなく発狂状態のコメントを近々載せるはずですから、その記事コメントの真逆が「大義」「正義」「政治の解」ということになります。なぜなら、中国の論調は常に中国の都合で、中国の視点で発信されており、その多くの基調は、日本の左派勢力の論調と重なるのが一般的です。

民進党崩壊の最大功労者は蓮舫様だ

昨日、更新したブログでは、蓮舫をおチョクリましたが、今日の「トラ八」・有本香氏によれば、「かなり精神的に参っている」とのこと。かなり穏やかな表現です。ネットとは言え、リアルでも常時30,000以上のアクセスの番組である関係で、言葉を選んだろうと忖度すれば、すでに精神に異常を来しているのかも知れません。 台湾語や中国では精神病を神経症(センジンピン)と言います。使ってはいけません、禁句です。なぜなら、最大級の最強の侮蔑語ですから。

民進党、しれ~と、造反票7票・これは5%になる

アホなサポーターの多い民進党ですから、第二回答票で、枝野氏が党代表に逆転勝利し、時間をおいて、党内多数派の前野グループと軋轢が表面かし分党と言うシナリオに期待をしたのですが、今回は外れました。 それでも、民進党弱体化の素地がまだまだあったことを奇貨として、明日 今日からの元気の糧にしたいと思うkazanです。

ツールバーへスキップ