大統領令9066号 1942年2月下旬

memo

戦争状態下にあって在米日系米国人を適性米国人として強制収容、その後の在米資産凍結、その間に並行して経済制裁が課せられば、その過程に奇襲攻撃があっても、それが?の世界だったはず。 外務省が日和り、軍部は、武士道よろしく源平合戦時代を彷彿させる戦争美学を踏襲した結果かも知れない。。

真珠湾奇襲は1942年年12月8日(日本暦)

つまり真珠湾奇襲攻撃の10ヶ月前に、在米日系米国人の強制収容始まっていた。

この論理と背景からすれば、日米は戦時体制下にあって、さらに、日中戦争戦線では、クレア・リー・シェンノート米国陸軍航空隊が中心になった米義勇航空部隊が中国南部にあった事実がある。

宣戦布告なき戦争は、米国のお家芸そのもの。

仮に、外務省ー国務省レベルの表向きの見解では、日米開戦に関して、日本側の最後通告が、遅れたことを非難するが、日中戦争の戦線・軍のオペレーション見解では、日中戦争に介入した米陸軍航空隊の存在が明るみになっている以上、事実上の 宣戦布告なき戦争は 始まっていたことになる。

そうした戦争状態下であって、1942年2月には大統領令 9066号により、日系米国人の強制収容が行われており、さらに同年7月 25日,F・ルーズベルト大統領は在米日本の資産凍結令を公布、それにより日系資産凍結がおこなわれた経緯を理解するなら、当時の情弱米国人を煽る手法として、「奇襲」というキーワードが、有効に開戦の口実になり、キワードは戦意高揚、徴兵促進効果に寄与する結果になったと理解すべきだ。

アメリカ全体のアジア系、アジア人の中で、日系、日本人はどの位の割合を占めていますか?

最も人口の多いアジア系、アジア人のグループは下記の通りです。

  1. 中国系アメリカ人、中国人 4010114名(アジア系の23.2パーセント)
  2. フィリピン系、フィリピン人 3416840名(アジア系の19.7パーセント)
  3. インド系、インド人 3183063名(アジア系の18.4パーセント)
  4. ベトナム系、ベトナム人 1737433名(アジア系の10パーセント)
  5. 韓国系、韓国人 1706822名(アジア系の9.9パーセント)
  6. 日系、日系人 1304286名(アジア系の7.5パーセント)

(2010年データ、2012年ピュー研究所報告より)

 

強制収容の実施

 

日系人の強制収容 - Wikipedia

 

日系アメリカ人と日本人移民

 

「サンタアニタのセンター」に運ばれてきた日系アメリカ人。アメリカ軍兵士の監視下にある。

大統領令9066号が発令された後の1942年2月下旬から、カリフォルニア州やワシントン州、オレゴン州などのアメリカ西海岸沿岸州と準州のハワイからは一部の日系アメリカ人と日本人移民約120,000人が強制的に完全な立ち退きを命ぜられた。

 

日中戦争に介入していた米国

 

日中戦争時、援蒋ルートで物資の搬入、クレア・リー・シェンノートにより、米国陸軍航空隊員等で編成された空軍義勇軍・フライングタイガーが、日本の空軍機と航空戦をしている。

さて、その航空戦は何時? 以下の記述がある。。

1942年4月のアメリカ義勇部隊AVG「フライング・タイガーズ」;LIFE Magazineに掲載されたGeorge RodgerあるいはClare Boothe Luce撮影。中国空軍に所属し,日本軍と戦った。米国製カーチスP-40トマホーク戦闘機を装備し,パイロットは米国人だった。1940年夏から12月8日までの闘いは,宣戦布告なき米国の秘密戦争である。

アメリカ義勇部隊 Flying Tigers フライング・タイガーズ(鳥飼行博研究室)

 

大統領令9066号により 1942年2月下旬には、日系人の強制収容開始

ルーズベルトと宋美齢大人の関係

何度か取りげた事項で、要点は↓↓↓↓↓

ちなみに蒋介石夫人の宋美齢は、アメリカで、反日、対日戦のプロパガンダと米国からの資金と戦争追行の物資の供給、米国を日中戦争に引きずり込むための工作をするための、送られた人間で、夫婦関係が正常でなかった、ルーズベルトに取り入り、フライングタイガーの重慶進駐を実現させた立役者です。

ホワイトハウスへ立ち入り自由であったらしいことは、ルーズベルト死後副大統領がから大統領になったトルーマンが側近に、宋美齢をさして、「あの牝豚をホワイトハウスに入れるな」と厳命したとするエピソードからも想像できます。

詳細リンク

■■■※注2021年8月17日:真珠湾奇襲は1942年12月8日。。以下の文節に「 さらに同年7月 25日,F・ルーズベルト大統領は在米日本の資産凍結令を公布 」を加筆。

コメント

タイトルとURLをコピーしました