高市早苗総裁候補関連ブログ記事リンク集(サーマリ化)

memo

2021年総選挙で二階派が排除されているが。。

衆議院解散 総選挙へ 

岸田総理大臣は衆議院を解散しました。各党は、今月19日公示、31日投開票の衆議院選挙に向けて事実上の選挙戦に入ることになる。

こうした中で、注目に値する事態、状況が、二階派系候補者の選挙区での異変だ。

小欄は2021年、6月頃から、和歌山3区、千葉10区、山口3区、鹿児島4区の立候補予定者に注目してき。鹿児島4区の立候補予定者は石原派の議員だが、他はすべて二階派。

注目選挙区・注目候補者・頻繁にチェックを繰り返したリスト

 選 挙 区 立 候 補 者派 閥
和歌山 3区二階俊博・親中派二階派
千 葉 10区林 幹雄・親中派、二階派番頭二階派
山 口 3区河村建夫・親韓派二階派
鹿児島 4区森山 裕 国対委員長石原派
栃 木 5区茂木 敏充 外務大臣旧竹下派

風が変わった

風が変わったのは、2021年の自民党総裁選の冒頭ステージからだろう。 

小欄は2021年8月15日の発信で「高市早苗氏、自民党総裁選出馬に強い意欲」を取り上げた。 

つまりこの日から永田町には風が吹き荒れたことになるが、この前哨戦として、2021年6月17日・虎ノ門ニュース・レギュラー出演の有本香氏の発信を注目してきた。

燎原に火を放った時点から、随時gooブログで発信した関連記事をノート化するのが、本稿の狙いだ。

なにより、gooブログより、WordPress化した環境のほうが、使用かって、ブログ内検索の観点から利便性を考慮したつもり。。

2021年06月19日~2021年09月11日

2021年09月13日 ~

サーマリー化について

以上が2021年・令和3年の総裁選関連投稿記事リンク・インデックスのサーマリ。 リンクカード化により、各リンク先の記事概要が視覚化できたので、自分的には使い勝手マックス化できたようだ。

対中国戦を見据えて、一日毎に、周辺事態は悪化の一途になるのが現実だ。 それだけに、日本の政局の問題は、単なる総選挙とリンクするだけの問題でないことは明らなことだ。

海外からの報道・発信を見てる限り、まさに今が「始まり」ではなく「始まっている」ステージであることを痛感する。

その際たる記事が、米軍のグアムのアイアンドーム化だ。

終わりに

日常をgooブログで発信してすでに16年ほど経過してが、ブログ内検索機能が不十分で、資料化としての利便性が脆弱で使いってが良くない。2021年令和3年自民党総裁選では、念願の二階派排除が大きなうねりになっている。前哨戦の前哨、燎原の火元から4ヶ月間をサーマリ化、リンク先の視覚化を試みた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました