岸田文雄削り in gooブログ回顧

memo

はじめに

宏池会は官僚系のDNAを持つ自民党の派閥で、その評価の頂点は、池田勇人内閣時代の「所得倍増計画」が一点、巨星のような存在感を放っているのが唯一の売りのような派閥で、多くの大蔵省・財務省出身者が多いのが特徴。

池田勇人-前尾繁三郎-大平正芳-鈴木善幸-宮沢熹一-加藤紘一(谷垣 禎一)-堀内光雄-古賀誠-岸田文雄の流れが宏池会本流で、途中にかなり微妙な河野洋平が有名な「加藤の乱」前後に浮上するが、結局は河野洋平は、派閥の親方にはなれず、村山富市(社会党)首班の連立政権で官房長官になり、酷評され続けている「河野談話」を世界に向けて発信したのが村山政権時の河野洋平官房長官だ。

激動の時代に宏池会の領袖が総理総裁になった時、日本の政治はあるゆる場面で翻弄される危惧が予見されるが、岸田文雄政権が誕生する前後から、そのことを断片的に発信した記事が2年あまりで20与件になっており、記事のデーターベース化を気に懸けたいた経緯があったことをご紹介したい。

お公家集団と揶揄されるくらい、勝負、戦い下手で、喧嘩もできなければ

毅然とした国家観が希薄してる印象を周囲に振りまいている。

消えては燻ぶる大宏池会構想

つまり、所得倍増計画を打ち上げた池田内閣を除けば、派閥のスケールの割に、チマついている部分がありで、「お公家さん派閥」と揶揄されてきた。

それでいて、現在同じDNAの麻生派との合同を視野に入れた「大宏池会」を打ち鳴らす向きもあり、その時には、谷垣グループも参入した「大宏池会構想」的夢想もありやに聞いている。

大平正芳時代の宏池会を一般の人より数センチほど深く知り得る環境にいたことで、同派閥の雰囲気を多少なりともその機微にふれる機会もあり、それだけに、そこに脆弱さを見てきた経緯があり、国家観、勝負感、切り込み感の弛さをモロ出しにした宮沢熹一政権が、その典型のような内閣であったことを記憶する。

ただ、幸いであったのは、宮沢熹一政権は、日本社会がバブル時でもあり、国内的な問題、地政学的脅威がほとんど表面化しないという極めてラッキーなバックグランドがあったことだろうと想像できる。

しかし令和の日本は激動の真った中にいるという現実がある。 その意味合いでは、岸田文雄政権が誕生前後から最も危惧したことは、宮沢熹一政権のコピーのような政権になりそうなことが予見できたことだろう。

外務大臣経験の長い岸田文雄総理であるが、ようは、史上最長の第二次安倍晋三政権時代に安倍晋三総理による、首相官邸主導の外交で、官邸と外務省調整機能として長期の外相就任歴が目立つ部分を避けられない。

つまり安倍外交の番頭役であったと見るべきだろう。

その器は、高市早苗氏が総裁選出馬を決めて、明瞭で簡潔、発信力は力強い内容、前例のない歯切れの良さを前回にした出馬声明で、先行組の岸田、河野両候補はそれぞれが数日前に発信した陳腐な内容を訂正するような事態を演じざる得ない状況で、両名の馬脚を露わにした経過を多くの自民党支持者が忘れていない。

削り投稿・岸田外相時代

中山恭子参院議員「少しホッとしている。。」 kazan 「12月28日以来、暗澹たる気持ち」 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
国会質疑と、今後海外で外務省が行うオフィシャルな外交交渉や国際外交の環境の中では、問題は解決したかもしれません。中山恭子参院議員「少しホッとしている。。」kazan「12月28日以来、暗澹たる気持ち」少なくとも。日本の外交官、政府関係者の面...

削り投稿・自民党総裁選前後

自民党が電通に100億を支出だって、馬鹿じゃね〜? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
ブログタイトルだけで、以下に。。本音炸裂。。こんな馬鹿だから、二階俊博が80才とっくに越えて幹事長の席に座り、こんなアホ組織だから、岸田文雄ごとき軽輩ものが、実力もどきで派閥を束ねているというトンデモナイ事態を露呈し、政治を空洞化させてきて...
今日が2021年8月31日。アフガン撤退最終日ながら、日本外務省の劣化を露呈したような結果 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼空自の輸送機は27日にアフガンを離脱ししている。機上には、出国を希望した共同通信の日本人女性通信員1人とアフガニスタン人十数人を乗せての離脱だったらしい。ソレを知った、あの立憲民主党の福山哲郎幹事長は骨髄反射で欣喜弱役たるtwitte...
高市総裁の実現環境が日増しに整備されるが、メディアの報道スタンスに異変 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼N共朝毎を筆頭とする日本の上弱者&おパヨ系メディアは、高市早苗議員の動向をほとんど無視しており、一方で情報検索ツールで検索すれば、それが真逆な扱いになっているのが容易に解るからどうなってんだろう。。と昔なら思ったが、近年の5年の経験は...
石破茂氏、野田聖子氏は立候補をしない可能性が大 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼メディアは河野太郎候補、岸田文雄候補を持ち上げて、さらに総裁選投票有権者への陽動作戦で、石破茂総裁待望論をぶち上げる。ちなみに野田聖子氏は二階派で、石破茂氏は、推薦人20名の国会議員の確保ができず、この一週間の間、複数回に渡り、二階幹...
総裁選は高市早苗、岸田文雄、河野太郎三候補の三つ巴と言いたいが、ダントツ観は圧倒的に。。 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
前投稿では、メディアで持ち上げられている二人の候補を排除して三人に絞る予想を発信したデス。それで、総裁選本選は高市早苗、岸田文雄、河野太郎三候補で争うことになるものの、SNS、ネット空間での鉄板保守支持者は、高市早苗候補を推している様子が見...
毎日変わる、メディア系の調査とネット系調査の乖離がすご過ぎ - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
9月20日の昼頃の集計様子。現在の母集団の数は377,708票で、昨日・9月19日・約2日経過時点で、参加者総数は316,000人の投票数ですので、プラス67,700人の増加を加算した現在進行形記事(集計結果)の埋め込みです。。ちなみに↓↓...
〈独自〉政府、半導体生産強化に7740億円計上へ★tsmcにいいとこ取りされるリスクは? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
熊本のだったか、鹿児島だったか、工場誘致で台湾のtsmcとSONYの組合せを念頭においての話と聞く。▼▼▼今や、素材と製造装置では世界でトップだが、半導体製造では世界でもCランクが日本の技術力評価だ。通産省主導で半導体製造業界を再編、再編、...
「つまらない男」でもリーダーに 岸田文雄前政調会長―自民党総裁選★時事通信 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼記事は、昨年2021年9月20日のweb版/JIJI.COMで古い記事を取り上げることに少なからず、抵抗を感じながらキーボードを叩いております。前投稿で、岸田総理を3%の。。と揶揄したばかりですが、その記事で言いたいことの20%は発信...

ウクライナ戦が始まった・岸田政権発足半年

いよいよ、北方領土が還る好機到来!!! - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
ロシアが、国家破綻・デフォルト秒読み態勢に突入です。以下が、自分が今日の午後、SNS上でお知り合いになった、豊島区議に送ったtwitterのダイレクトメセージです。午前2:53(水)ヒョットすると、北方領土が戻るかも。。複数情報から露の経済...

岸田総理発言・「留学生は国(日本)の宝」発言の頃のアホ発言の極み

戦後ワースト総理筆頭はこの事態でも「留学生は国のたから」と言えるのか? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
大阪の繁華街で集団で中国国歌を合唱して気勢を上げる留学生を動画を埋め込んだtweet投稿があったので愕然。▼▼▼中国の国歌は別名義勇軍進行曲とも。自分的には「何が義勇軍?流民、盗賊の匹夫がテロリストになり、徒党を組んで義勇軍にすり替わっただ...
担ぎ方次第で軽い神輿も絵にもなるのが米国、日本の軽い、アホな神輿はどうなる? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼バイデン氏の痴呆説は就任後もたびたびで就任前の選挙戦中から頻繁に言われた事だった。そのような背景から、予め、副大統領に指名されたのが、カマラ・ハリス氏だったと聞いている。昨年秋頃に、次のような話が米国でまことしやかに話されている、つま...
「聞く」ばかりの岸田総理、ここにきて「何もしていない」のに過労でダウン寸前★なぜッ!? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
そんなに「ヤワい」のか?一大事だ。ロシアがコケた時が、脊髄反射で、「北方領土回復」交渉ができる最後のチャンスなことは、賢い宏池会の領袖なら当然百も承知のはずだ。現状では、ゲートイン前のパドックで晒されている状態なのに、ここですでに興奮して疲...
「聞く」ばかりの岸田総理、ここにきて「何もしていない」のに過労でダウン寸前★なぜッ!? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
そんなに「ヤワい」のか?一大事だ。ロシアがコケた時が、脊髄反射で、「北方領土回復」交渉ができる最後のチャンスなことは、賢い宏池会の領袖なら当然百も承知のはずだ。現状では、ゲートイン前のパドックで晒されている状態なのに、ここですでに興奮して疲...
現代戦の海上艦艇の装甲は戦前の艦艇より薄いのが常識★その理由がイージス思想 - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
▼▼▼現在の先端海軍洋上戦闘艦の装甲は、帝国海軍時代とは雲泥薄さということを聞いたのは4,5年前で、記事にした記憶があります。そのキッカケは、イージス艦というキーワードが、特段、軍事オタクでもない自分が興味を持ったのは、その意味と言うか、設...
手かせ、足かせの自衛隊、薄い予算で、日本の軍事パワー・実力は世界五位、縛り排除と増額予算ならどうなる? - ブログ katsukazan/活火山★時々の四方山話
映画・ゴジラで指摘された、自衛隊出動命令の意思決定過程の隘路が、今だに排除されないどころか、今の政権・親方は、鬼門の宏池会の領袖岸田文雄総理デス。日本国にとって、これほど不幸で、不運な星のめぐり合わせが今のこの時期の日本と思うと、いくら気合...

 

■■■2023年11月21日現在本稿はまだ未完で、あと残り10件の記事リンクの挿入を予定中。。

コメント