秋田県由利本荘市、行方不明の北朝鮮船 捜索開始

秋田県由利本荘市、行方不明の北朝鮮船 捜索開始

漂着者・近くの民家のインターフォンを押した。。

これが常態化する恐怖をどう見るか?

日本は過去に、沿岸で不審船を確認もできず、水際で工作員の上陸を許し、国内に協力者・土台人の協力のもとで、ターゲットとしていた、善良な日本国民を容易に許してしまった事実がある。

沿岸警備を管轄する、海上保安庁の長官は責任を取ったのか?

地域に治安を守る、警察当局、公安関係者の責任問題の追及はされたのか?

答えは「ノーだ」

仮に、護身用のナイフを、警察当局によって主観的に武器と現場で判断されれば、銃刀法所持違反で、即拘束か検挙だ。

それだけに、海保と当時の運輸省や警察には拉致を許してしまったことの責任があると言うのが小欄の主張だ。

今緊張が高まってきている時、日本海沿岸地域の治安が低下している現実は問題だ。

秋田県由利本荘市、行方不明の北朝鮮船 捜索開始
秋田県由利本荘市の海岸に漂着し、その後、行方不明となった北朝鮮籍とみられる木造漁船について、秋田県警や秋田海上保安部は、27日午前9時ごろから捜索を開始した。係…
北朝鮮の漁船と思しき木造船が、頻繁に日本海側の県に漂着
ブログヘッダー部分のブルーのラインの主なカテゴリー別のメニュを設置しましたのでご利用下さい。「投資・株・FX・CFD」と「about us」は近日中にアクティブにできる予定です。 深夜になり、二日酔いからも開放されて、少しはブログ...
タイトルとURLをコピーしました