幻の満州国-王道楽土

katsukazan

王道楽土と言う言葉があります。

満州国を紐解くと必ずお目にかかるキーワードが「王道楽土・おうどうらくど」です。

ググると、「王道楽土」は、

アジア的理想国家(楽土)を、西洋の武による統治(覇道)ではなく東洋の徳による統治(王道)で造るという意味が込められている。なお、日本の歴史の教科書には、日本の政府が「王道によって治められる安楽な土地」と説明して、宣伝していたとしているものもある[1]。

「五族協和」「王道楽土」と並び称されたが、「五族協和」とは、満日蒙漢朝の五民族が協力し、平和な国造りを行うとする趣旨の言葉。満州には五族以外にも、ロシア革命後に逃れてきた白系ロシア人や、ユダヤ人迫害政策を取ったナチス党政権下のドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人、ウイグル人等のイスラム教徒なども居住していた。

日本の倍以上の土地に、辛亥革命で崩壊した清帝国の後継政権として樹立されたのが満洲帝国です。

wikipediaは先に文章に続けます。

満州には内戦の続く疲弊した中華民国からの漢人や、新しい環境を求める朝鮮人、そして大日本帝国政府と満州国政府の政策に従った満蒙開拓団(満蒙開拓移民・満州武装移民)らの移住・入植が相次ぎ、人口も急激に増加した。
内地(日本本土)においても、(当時の農村不況も相まって)困窮する零細農民や土地を持たぬ小作農、土地を相続できない農家の次男三男以下など、または大陸にて雄飛し名をあげる野望を抱く「大陸浪人」らの間で、満州に憧れる風潮が生まれた。
満州を新大陸や楽園(ユートピア)のように表現する映画や歌も作られた。

壮大です。

満蒙開拓団がアメリカ西部開拓の「幌馬車隊」なら、火宅の人・檀ふみの実父、檀一雄が、実在の伊達政宗の子孫である、伊達順之助をモデルにした「夕日と拳銃」は西部劇でしょうか?

映画は東映で、笛吹童子で一中村錦之助と並んで、われら、少年のヒーローになった東千代之介が主役でした。

満洲平野に沈む夕日と馬上の馬賊のシルエットが描かれた背景に、東千代之介がポスターに右手に拳銃のモーゼルを持って上半身左前の大写し構図であったと記憶してましたが、現物はとは少々違いがありました。

構図が記憶とはミラー反転しておりましたことと、拳銃がモーゼルではなくて、リボルバー系のコルト社の45口径リボルバーでのようなタイプでした。

kazanの記憶の良さにどうやら、海馬は全開のようです。

今夜から、ボケ防止の処方薬は半分くらいにしようと思います。

閑話休題、

この映画なんかは、完全に東映が東千代之介を主役して、笛吹童子の二匹目のドジョウを狙い、大東亜戦争開戦前に、文壇にデビューをしていた作家の人気小説を映画化したものでしたが、後の日活の小林旭の映画「渡り鳥シリーズ」に影響を与えてかどうか不明です。

こうした映画が西部劇と仮定するなら、なんか満洲帝国建設には、ようやく国際舞台で認知され始めた日本人の大きな夢があったのではないでしょうか?

そしてその夢と国家の原型は、人造国家アメリカ合衆国ではなかったのか?

その満洲帝国とその日本の投下資本を、日本の敗戦で、まんまと手にして使いこなせなかったのが蒋介石の中華民国で、最後に漁夫の利のように美味しいものをゲットしたのが、毛沢東の中国共産党ではなかったのか。

原稿を打ち込んでいる間に、こんな想像が浮かび上がってきました。

ちなみに、東千代之介演じる伊達麟之介の実在のモデル伊達順之助は、

終戦後、順之助は中国青島にて日本人戦犯として連行、戦犯とされ青島拘留所、上海監獄臨時戦犯拘留所、江湾鎮戦犯収容所に収監され死刑宣告を受けた。のちに上海監獄に送られ、1948年9月9日銃殺刑に処せられた。 (出典元ーWikipedia)

紹介されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました