韓日両国関係がこのように軽くあってはならない?朝鮮日報社説

katsukazan

朝鮮日報社説

『【社説】85日ぶり駐韓日本大使帰任、ひそかに見解を変えた安倍首相』と題した社説を 2017/04/04、韓国朝鮮日報が掲載しました。

これに見る、韓国の置かれている立場が全く理解できていない、大手マスコミの論調には毎度の事ながら、学習できない馬鹿さ加減に呆れてしまいます。

  • ひそかに見解を変えた安倍首相
  • 釜山少女像の設置は韓国の民間団体が行ったもので、韓国政府が乗り出して解決するのは基本的に難しい問題だった。
  • それでも日本政府は大使の一時帰国という極端な対処方法で韓国政府に圧力を加えた。
  • 安倍首相の支持率を上げるため韓国たたきが続いた。

この論調の骨子を見れば、いかに的外れかが見えてきます。

ひそかに見解を変えた安倍首相

現在3万5千人以上の邦人が在韓すると聞きます。一方で朝鮮半島で米軍が北朝鮮を攻撃するだろうと予測されています。北朝鮮は自国が攻撃されれば、ソウルを火の海にすると恫喝して居る状況下で、韓国政府は大統領不在の政治の空白状態を呈しております。

そんな中で、邦人保護を前提にその安全確保、時には韓国からの緊急避難を実行する為に必要な情報収集と政府間との調整を念頭に置くことは英邁な国家指導者としては当然の処置だろうと思います。

これはひそかに見解を変えたのでは、大胆に状況に即応した判断というものです。

それを、見下した「ひそかに」の副詞の使用は、無礼千万で、論説した記者の知性、教養、常識が疑ってしまいます。

釜山少女像の設置は韓国の民間団体が行ったもので。。

 

この論説には署名がありませんが、名前を知りたいくらいです。

この非常識な論説記者が、ウィーン外交関係条約

第二十二条2項

接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。

を全く理解していない。 否、その存在すら知らないくらいに無知なことは明白です。この切り口を、韓国を代表する一紙である朝鮮日報の社説とは、これぞまさしく、蛮人国家の土人新聞としか言い様がありません。 阿呆です。

この論理の展開は、民間団体が行ったことで、政府は関与していない。だから解決の方法がないと言う論理だ。

フザケルナ!

慰安婦は日本政府が行った事ではない。

朝鮮人女衒が醜業業者に戦時のビジネスチャンスとして、婦女子を売買し、醜業婦に仕立て上げたものではないか。

隣国のよしみで、ウザイ蝿が羽を鳴らすのをやめさせる手立てとして、結んだのが慰安婦に関する日韓合意です。

難しい問題、解決できる能力がなかったことをさらけ出して間抜けぶりに笑いが止まりません。

極端な対処方法で韓国政府に圧力を加えた。。

ウィーン外交関係条約に基づく円滑な外交慣習や日韓合意の履行不能な相手国に、常識的な対抗処置と紳士的な外交処置の選択に疑問を挟むなら、一昔、二昔の砲艦外交でもやればいいのいでしょうか。

既に当時能力の限界を超えた崩壊の臨界点達した韓国が、邦人保護の義務を怠け、その結果邦人の生命財産を保護する必要が生じた時は、海上自衛隊旗を艦尾に掲げた海自の艦艇が韓国の港へ強行接岸することも、日本の政府の可能な選択肢であることを知るべきです。

安倍首相の支持率を上げるため韓国たたきが続いた。。

自国の困難な国内問題を避けるために、「反日」を繰り返してきた韓国が、何を間抜けた戯言を言うのでしょうか?

100歩譲って言うなら、韓国へ、強大なブーメランが戻って来たということ学習すべきで、四の五の言われる筋合いでは無いはずです。

韓日両国関係がこのように軽くあってはならない

すでに日韓関係は終焉したと見るべきで、日本は覚めた目で韓国の崩壊を看るだけのこではないかと思います。

「韓日両国関係がこのように軽くあってはならない」

何を馬鹿な!

関係を軽くした発端は、全て韓国だろう!

土人記者が何を説教がましく社説で戯言を抜かして笑止千万とは正にこの事を言います。

阿呆な土人記者が儒者気取りで、こうした社説を発信すると、多くの無知な韓国人は、一人よがりの高慢さを冗長するばかりです。

これが韓国の悲劇的な知的風土の根源であるかもしれません。

おわりに

韓国の知的風土が醸成されず、この程度の記事表現が韓国の代表的な新聞の社説であることにに、驚かされてたkazanです。

日本なら、夕刊ゲンダイ紙でもこれほど知的水準は低くはないと思うのですが、如何でしょう?

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました