インド洋で作戦終えた米軍強襲揚陸艦も韓半島に展開・中央日報

katsukazan

米国海軍・マリンがゾクゾクと半島へ終結

この記事も半島危機が目前に迫ってきたことを意味します。

韓国紙・中央日報からです。

画像は、先月31日に中部司令部支援を終えて東シナ海に入った強襲揚陸艦「マキン・アイランド」上陸準備戦隊(写真=米海軍)

インド洋で作戦終えた米軍強襲揚陸艦も韓半島に展開
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

現状

  • ワスプ級強襲揚陸艦マキン・アイランド(LHD-8・4万1150トン)
  • 米第7艦隊の「ボノム・リシャール」(LHD-6)
  • 米第1海兵師団

以上の海軍部隊と海兵隊部隊が朝鮮半島おきに集結するというニュ-スです。

日本は韓国政府と直接交渉に当たれるのは在韓日本大使だけが常識ですから、面目を捨てて、長嶺大使を帰任させた。

こうした緊張感にある韓国の中央日報が、自国が戦争状態に突入するかもしれないと言う緊張感に一切触れていない記事に興味が行きます。

おわりに

本日(4月5日)次のブログをアップさせました。

百田尚樹氏、第一次世界大戦は。。
百田尚樹氏 昨日の虎ノ門ニュースに出演していた、百田尚樹氏が、1914年6月28日のサラエボ事件が発端になった第一次世界大戦は、同事件で、オーストリアがセルビアの宣戦布告し、オーストリアとセルビアの両国の交戦で戦争は集結すると見られて...

自身のfacebookページ「台湾海峡黙示録・改」へシェアしたら、一時間で1,330人のリーチを獲得してました。

米国は本気でやるはずです。

集近平との首脳会談直後か?

この中央日報の記事で、戦火が目の前に迫った緊張感を改めて認識したkazanです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました