今日解ったこと。。

katsukazan

日本の連休明け、著名な日本のfacebookポスターのY氏とSKYPE通話で、長通話を。。

その幾つかの会話の中で、

会話

「朝日新聞から、販売店では無く、「朝日新聞」本体の営業から電話セールスを受けた」とのこと。

kazan「Yさんは有名人だから。。」

Y氏「オレを反日嫌いの朝日新聞嫌いを知っての電話か」

kazan「。。。、それで?」

Y氏「当然断った。当然だろう」「それにしても、本体の営業からの電話だから、かなり部数が減って、危機的な状況なのではないのか?」

kazan「実質講読部数は200~300万位だろう。この数字が、日本のコテコテ左翼のおおよその数字だろう」

Y氏「日本の反自民勢力の人数は、今では全人口の二~三割くらいか?」

kazan「それを基準にすれば、その一割をコテコテ左翼とすれば、先ほどの計算は整合する」

国会の会派分析

この数を分析すれば、衆議院の反自民勢力は25.2%、参議院は32,2%になります。

これで見えたもの

およそ3割が、改憲に反対する勢力であり、「九条教」の信者というのが見えてきまして、前段の、国民の2~3割が、この支持層と見るとピッタリです。

この数を主導するのが、朝日新聞の購読者であり、約10%、つまり、200万から300万人くらいが、日本のコテコテリベラル?

そうという構造が見えてきます。

Excel統計学は面白いですね

以前のブログで、30万に慰安婦を、日本軍の将兵が相手をした場合の統計を作ったことがあります。

その結論は、日本の将兵は、身近に慰安婦がいた場合には、2日に一回慰安所に行かなければならなかった、恐ろしい実態が浮かび上がり、これが、大東亜戦争の敗因であったと言う結論が出てブログ投稿しました。

2日に一回、女郎買いしてたのでは、戦争に成りません。

敗戦の理由は、30万の朝鮮人慰安婦であったということです。

恐るべし、朝鮮仁慰安婦!

facebookで記事を共有したら、かなりのリーチをいただきました。

20万人の強制連行のウソに釜山日報が上塗り50万に。。
 20万人戦時売春婦が釜山日報は、 2016、11月19日の報道で50万に花火を上げました。朝鮮語原文リンク要点を翻訳しました(google自動翻訳)趙廷来監督は慰安婦について「慰安所ではなく、食肉処理場であった。少女が引かれて...

予告

今度は、虚構の南京虐殺の実態をExcelで分析すればどうなるかにトライしてみたいと思っています。

事実とすれば、いかなる凄惨な場面があったのか?

事実とすれば、この蛮行に参加した、日本軍将兵の何%が精神に異常を来たしたかのでデータがあれば、助かるのですが。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました