昨日の動画・百田尚樹氏のはなし「乗っ取られたTBS」

katsukazan

三年ほど前に、ブログ「中韓を知り尽くした男」で運営者の辻本貴一氏とのブログに遭遇しました。

一年ほど前には、体調を壊されて、ブログを休筆されておりましたが、その後復活し、昨年12月28日「韓国は終わった」から更新されていません。

検索してみたのですが詳細は不明です。

 

さて、昨日5月9日の動画で作家百田尚樹氏が、コメントで「TBSが在日に侵されていった過程」を話されており、その話の中心に、前段の辻本貴一氏とのブログと同様の内容を中心に番組を展開しておりました。

偶然にも、kazanも同様に、2014/10/13に「それは、TBSから始まった。マスコミが在日に侵されて行った経緯」を投稿してしておりましたのでご紹介させていただきます。

それは、TBSから始まった。マスコミが在日に侵されて行った経緯
それは、TBSから始まった。マスコミが在日に侵されて行った経緯。 TBSが朝鮮総連の巧妙な圧力で、同社の無試験による在日朝鮮人枠の入社を容認し、結果在日朝鮮人によって。。。「国籍は変えられるが民族は変えられない」

ブログのリンクと並行して動画の閲覧がオススメです。

時間が経過して、プロパーの在日職員も出世をして、すでに部長クラスとの百田尚樹氏の解説でしたので、そのへんの時間の流に、感慨を感じたkazanです。

 

これを見れば、サンデーモーニングの偏向の理由が解るというもです。

動画を埋め込みます。

YouTube

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました