中国の沿岸警備船の無害通航権は成立しない

ニュース

中国の沿岸警備船・無害通航権は成立しない

珍しく7時過ぎに起床できたので、いつもは動画で視聴している「虎ノ門八時」を視聴しました。

今日の幾つかのニュースのテーマが、どういうわけか、問題指摘点も、他の話題の解説の切り口も、朝日新聞、毎日新聞、共同通信社による、世論の恣意的な印象操作に流れます。

視聴し始めると、耳に入ってきたのは、尖閣、対馬、青森県沖で中国船が領海侵入です。

「安倍憎し」でエキセントリックになったメディアの「印象操作」を前面にだした報道で内閣内閣支持率が急低下し、政府の世間への発信スタンスに変化見えます。

この機に乗じたように、多方面で領海侵犯を同時進行させる中国の沿岸警備船の行動には海上警察権の発動と海保を支援する自衛隊の防衛出動が取り沙汰されるレベルに来ていると判断するべきではないでしょうか?

同時進行、三方面での領海通航は無害通航権のレベルではありません。

と確信します。

もはや、中国の沿岸警備船による無害通行権は成立しない事態と判断するのが理性的なものではないでしょうか。

記事 yahooニュース・2017.7.17  テレ朝

【報ステ】青森県沖で中国船が領海侵入
表示できません - Yahoo!ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました