表示した期限切れ台湾旅券の提示だけでは、以降の台湾旅券受給有無の確証にはならない

ニュース

蓮舫氏、日本国籍を開示=台湾籍喪失の資料も←これが最後の受給旅券と確認できるのか?

民進党の蓮舫代表は18日、党本部で記者会見し、日本と台湾の「二重国籍」解消を裏付けるものだとして、
戸籍謄本の一部など関連資料を公開した。
蓮舫氏はこれにより自身の二重国籍問題に区切りを付け、党の立て直しを急ぎたい考えだが、
党内には対応の遅れに不満も出ており、収束は見通せない。

蓮舫氏は、公表の理由について「家族の了解が得られた」とするとともに、
「野党第1党党首として発言の信頼が揺らいではならない」と説明。
一方「手続きを怠っていたことは事実だ。故意ではないが深く反省している」とも語った。

戸籍謄本には、本人が日本国籍選択を宣言した日として「2016年10月7日」と明記されている。
今年6月28日付で東京都目黒区で交付されたという。
台湾籍離脱を証明する書類として、台湾当局から16年9月13日付で交付された「国籍喪失許可証書」も公表した。

記者会見で「二重国籍」問題について関連資料を公開し、
最近は蓮舫氏が台湾人として活動していなかった傍証として、
1987年7月4日で期限切れの台湾発行旅券(パスポート)も公開した。

開示資料のうち、家族情報や自筆の署名については、「個人情報に関わる」として伏せた。

301 Moved Permanently

ここに #蓮舫 #二重国籍 #kokkai 検索のtwitter timelineがすべて集約

https://twitter.com/search?q=%23%E8%93%AE%E8%88%AB%20%23%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%9B%BD%E7%B1%8D%20%23kokkai&src=typd

コメント

タイトルとURLをコピーしました