蓮舫代表の国籍離脱エビデンスに集中する国民の疑惑

蓮舫

同時期の台湾国籍喪失許可証の比較をしたtwitter投稿

 

次々に指摘される疑念

多くのtwitterで投稿されている、添付された使用画像に不自然さがあります。

民進党の政治ポスターで使用した画像を転用している点がまず第一です。

真正面画像ではないという点も不自然ですね。

kazanも、在留許可証・通称IDカードを申請しますが、正面画像が要求されます。

一度は適当な画像が無かったので、自撮りで対応しましたが、写真の右上の背景に頭部の影が出て、はねられました。

そうした基準には意外とうるさい台湾行政が、この画像で対応した事に驚きを感じます

 

一つ疑点 #蓮舫 の「台湾国籍喪失許可証、台湾の公的な写真用ではない、民進党のポスターだね」
台湾の規制→「2年以内の写真、頭が斜めとはダメです、申請書に写真を添付し、そのまま許可証にスキャンする、
だから国民身分証用の写真を使わないと申請出来ないよ」蓮舫氏自分で貼ったの?怪しいよ。

想像

kazanは、蓮舫代表が、1987年に失効したパスポートを提示して、以降台湾旅券の発行は受けていないと言う説明になっていますが、これは当事者の一方的な説明で、勘ぐれば、2016年の台湾政府への国籍離脱申請をするまでは、受給されていた可能性もあるということです。

 

#蓮舫 #偽造 Time line

#蓮舫 #偽造 - Twitter検索
#蓮舫 #偽造 に関連する最新のツイートです。みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました