相手が認めても、作られた映画は独り歩きする←産経紙の不完全燃焼記事

ニュース

作られた軍艦島の映画、虚構の反日性を認めさせても、問題は解決していない。
日中の領土問題、対中歴史戦、対韓歴史戦では、執拗で、ヒアリの様に破壊力と影響力を持ち、相手の行動はことごとく、日本人の心にアメーバーのよう粘着力で纏わりつく。
もっと破壊力のある手立ては、報復だ。

— katsukazan (@asanai106) 2017年7月27日

「軍艦島」反日広告に誤り 写真は別の炭鉱の日本人 製作者、産経新聞の指摘認める

 

記事 2017.7.26 産経ニュース

【歴史戦】「軍艦島」反日広告に誤り 写真は別の炭鉱の日本人 製作者、産経新聞の指摘認める
【ソウル=名村隆寛】米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板で、今月上旬に流された「軍艦島は地獄島」との意見広告に映っていた炭鉱の坑道で掘削する男性労働者の…
【歴史戦】韓国映画「軍艦島」が封切り 史実に無い残酷な殺害シーン 反日感情を十二分に刺激
【ソウル=名村隆寛】「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(監督・柳昇完(リュ・スンワン)が26日、韓国で一斉に封切られた。映…

コメント

タイトルとURLをコピーしました