ニュース・北朝鮮ミサイル射程が10,000キロで、全米の約半分がターゲット

アメリカ・米国

「火星14」型ICBMの成功で北朝鮮は「米本土の全域が射程圏内にあることが立証された」と豪語する発表をしました。

10,000キロの射程だとアメリカ本土の40%強・ロスやサンフランシスコは完全に射程内です。

 

これが、テポドン2の派生型であれば、推定12,000キロになり、全米の95%以上をカバーします。

政権の不安定性がまとわり付き、オバマケアの見直しでは、上院で、共和党内から造反者をだして、僅差で法案を否決されるなど、多くの課題を持つ現トランプ・アメリカ政権は、この現実にどう対処するのでしょう?

アメリカに押し付けれた戦後の憲法で、自らの意思で安全保障を語れなくなった日本は、同時の抑制的性格を持つ核裝備による自前の安全保障は、歴史の情緒的市区面から、語ることも封じられてきました。

その結果、日本のすべての安全保障が、アメリカ安全保障の傘に依存せざるを得ない現実では、もはやトランプ頼みしか残された道は無いようです。

まちがっても、憲法九条の御札は何の解決にもなりません。

 

他人事のような覚めた言い方しかできない現実に、忸怩たる思いが募ります。

記事

表示できません - Yahoo!ニュース
【北ミサイル】金正恩氏立ち合い「米本土全域が射程圏内」「火星14」再発射成功を発表
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を28日夜に行い、「成功した」と報じた。発射に立ち…

コメント

タイトルとURLをコピーしました