カワウソの生息 長崎 対馬で確認・琉球大学理学部の研究グループ★是非沖縄左魔忌生態研究もテーマにして。。

katsukazan

絶滅種の生き残り? カワウソの生息 長崎 対馬で確認是非沖縄左魔忌研究もテーマにして。。

 

楽しい話題ですね。

でも報道では、日本の固有種ではないらいしい。

ニュースウオッチ9 – NHKでは、ユーラシア個体種が、50キロしか離れていない、韓国から来たかもしれないと言ってました。

 

生物界のことですから、目くじらたてるのもいかがと思いますが、ユーラシア大陸と聞けば、直ぐの反応するのが中国、韓国、ロシア(シベリア)です。

すると、日頃の条件反射で、なにか一言二言、言いたくなります。

■対馬とは韓国は50キロの距離、カワウソが来るくらいの距離だから、韓国人が大挙して押しかけるのもうなずけますが、対馬の文化を破壊しているらしい。

商店街や宿泊施設は、韓ちゃんに占拠されているらしい。

日本人観光客を誘致し、韓ちゃんが来づらくなるような環境が望ましいのですが、カワウソにも目を付けられた、日本の地理学的不幸をあらめてかみしめたい。

 

■日本カワウソは自然界では、絶滅した種とのことで、今回の発見は琉球大学理学の研究グループの伊澤雅子理学部教授のグループと報道されました。

琉球大学と言えば、左翼教授が横行する国立二期校と言うイメージが先行します。

伊澤教授に置かれては、研究室の副手のの誰かに、将来絶滅危惧種のなるかもしれない「沖縄左翼の生態」研究も、リサーチ対象にピックアップしていただきたい(笑)

地元だから、研究費は差程かさむとは思えません、地元ですから。。

エラー|NHK NEWS WEB

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました