辺野古抗議メンバーへの職員の問いかけに、何か問題でもあるのか?

twitter

辺野古抗議メンバーに「日本語分かりますか」沖縄防衛局職員が差別発言したする報道記事

産経west 2017.8.29

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の米軍基地前抗議活動の際、沖縄防衛局職員が「日本語分かりますか」と反対派に発言したことが29日、分かった。反対派は、方言差別の歴史を知らない暴言だと反発している。 全文引用

あまりにも短文の記事で、要約のしようが無かった。。

よって、全文引用させて頂きました。

その心は、

 

すでに沖縄県の辺野古移転や基地の反対運動に、地元沖縄県の住人よりも、県外や中国系、あるいは韓国系といった外国人勢力が多数押しかけている現状は、複数の情報から明らかになっております。

関係者が、同じ東洋系の顔をした相手に、「日本語分かりますか」のと尋ねるのは、極めて紳士的な接し方ではないか。

kazanなどは、この手合には、もっとふさわしい呼びかけ方があるのではないかと思うくらいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました