最近Googleマップも(East Sea)の併記表記をするのに、さらに妙高市の追い打ち

ニュース

最近GoogleMapの英文表記で、日本海表記をJapanese Sea (East Sea)とカッコつきで併記されて、不愉快な気分にさせられているのに、今度は新潟県妙高市のトンデモナイ間違いのニュース記事です。

新潟・妙高市が観光パンフに日本海を「東海」表記

新潟・妙高市が観光パンフに日本海を「東海」表記
新潟県妙高市の官民でつくる協議会が作成した韓国語版の観光パンフレットの地図で、日本海を韓国が主張する呼称「東海」と韓国語で表記していたことが5日、分かった。日本…

 

どうなっているのだ日本?

聞けば、東京と東京近郊を結ぶ私鉄のお多くで、駅構内や車内の駅名表示に、おでん文字と言われるハングル文字表記をする例が増えてきてると聞きます。

幸いに、こうした状況に接する機会のない環境にいることを、日頃は感謝してますが、自治体が率先して、かような間違をおかすことに、怒りを覚えます。

大中華の中国人、小中華の朝鮮人は、日本のこのような些細なミスには、喜々として付け入る習性を持っています。

歴史戦の背景に有るものは、そうした日本人の不用意なミスに、この時とばかりに付け入り、アホな左翼系の知識人がこれを煽り、キチガイじみたマスコミが発信したことによる捏造です。

ましてこの両民族は、捏造どころか、持ち前の卑劣でおぞましい思考回路から、創造すらして、日本を貶めているいることを、行政当局の現場である、市役所は十分に認識しているはずです。

原因の背景には、こざかしく朝鮮語のパンフを作るという安易な発想に問題が有ると想像します。

表沙汰になった以上は、ミスでした、差し替えますでは済まされない問題であることを、十二分に認識するべきです。

とかく日本に関しては、大中華と小中華が絡むと、すべて不愉快なニュースになってしまうのですから、事は本当に重大です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました