お金は正直だ・有事の円買いが顕著

twitter

米ドル/円が時間足で、107.702円

17:00JSTで、時間足最安値107.702円、日足で107.583円

円高です。

「有事の円高が本当かも知れない」

 

コラ!財務省、お金は正直だ。

有事になぜ円が買われるのだ。

円が最も信認されている証拠だ。

 

ならば、増税、緊縮財政政策は間違いということになります。

 

日本政府、行政は、円が信認されているうちに、デフレ脱却の大胆な財政投資をするべき

 

米中戦争は、結局は始まります

米国は、中国を、追い込むことで、北朝鮮の経済破綻を狙っています。

無論米国には、いざという時の軍事オプションはすべてテーブル上に在るといいます。

中国が原油の供給を断てば、スムーズの戦争状態を、北朝鮮の先制ではじまります。

 

理想的な形です。

 

中国は、原油供給をしなければ、米国からの経済制裁からの対象にされてしまいます。

戦争が始まれば、中国が介入してもしなくても、通常兵器で行われる限り、戦況は米軍の圧倒的な優位で推移します。

 

結果、北朝鮮に親米的な政権が誕生すれば、これは明らかに中国にも、ロシアにも不利益です。

ですから、両国は9月11日の国連決議にどうのような評決で臨むでしょう。

賛成か、棄権。

コレで方向性は明らかになります。

北朝鮮は絶対にやる

油が遮断された北朝鮮は、困るでしょう?

国民生活にも甚大な影響を与えますが、金王朝と揶揄される独裁国家にとって、国民の生活は何ら考慮する必要はありません。

ロシアが指摘します。

「北朝鮮は国民が雑草を食べても、戦争はする」だから「制裁には意味がない」。

その通りです。

独裁政権の権力者が、美食を食べれる間は、国民が窮しても一向に問題はありません。

これが、北朝鮮であり、中国です。

「中国人は絶対に人質の価値はない」、これが両国の強みです。

構造は、ヤクザ組織と同じです。

組長は太り、したはしのぎの上納で大した旨味にはあずかれません

なにかあれば、鉄砲玉で、消耗品です。

 

戦争でメリットを受けるグループの存在

ただ不明なのは、今回の戦争で、ニッコリ笑うグループの存在が見えません。

石油の出ない北朝鮮はメジャーにとって何の魅力もありません。

グローバリズムの浸透で、腹一杯になった米国金融メジャーにとって、為替の変動は美味しいでしょうが、中国への投資の回収には大きなリスクが伴います。

軍需産業だけが活況を期すことになりますが、これは、米国の産業構造にとって、平時プラスアルファ程度のものです。

米国は、第二次大戦以降、朝鮮戦争、ベトナム戦争に次ぐ、地政学的理由、安全保障上の理由で開戦することになる

これは重大なキーワードです。

この結果、大きな、あるいは、新しい世界秩序が出来上がるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました