今度の選挙は安倍与党の勝利

TBS

これはAIか?

最近kazanのPC日本語変換能力に驚いています。

昨日、twitterに、kazan自身の備忘録として、二件の投稿をしました。

※twitter投稿で、自分の原稿資料用としても利用しております。投稿した記事は、簡単にfacebookやブログ記事に埋め込みできますので、大変重宝しております。

 

本題に戻ります。

PC環境は自作のWin7で、日本語変換ソフトは、無償の「Google日本語」です。

無論、この「Google日本語」に本来は、AI知能などという、小池百合子氏の言うような洒落たものは持ちわせていないはずですが、驚くなかれ、にわかに信じがたい現象が「Google日本語」に起きました。

AIです。

 

 

ブログ冒頭に、二件のtwitter記事を埋め込みましたが、この二件の記事と、kazan がfacebook上で運営する、facebookページでこのtwitterで話題になった、安倍総理が出演したTBSの放送現場でのイヤホン事件を取り上げた事実があるだけでしたが、kazanのPCの日本語変換能力が、なんと「いやほん」と打ち込むと画像のように「イヤホン大丈夫」を自動的に変換候補としてヒットするのです。

 

放送事故?があったのが、9月25日の放送で、たしかに、SNSやtwittterでは炎上した「イヤホン大丈夫」ですが、kazan自身が自分のPCでの変換実績は2回程度しかありません。

 

 

これから出てくる推論

  1. kazanのPCが突然劇的な変化をし、マシンのアルゴリズムが変換機能に関してAIに進化した可能性
  2. google日本語ソフトがクラウド化して、クラウド上の元ソースがGoogle社の意図で、AI化された可能性

 

kazanの30年以上のPC経験を尺度で考えるなら、推論1のケースは、不自然だと考えるのが妥当です。

すると、結論は推論2のケースが解であると考えられます。

 

その解に基づくと、Google社とはものすごい企業であることを「無言」で発信しています。

藤井四段の活躍でにわかに注目を集めた将棋界や囲碁の世界にAIが登場し、昨年あたりから、「AI」と言う用語が市民権を得始めています。

冒頭の切り口に使った小池百合子氏が頻繁に口にだすようになった「AI」が、Google社の意思で、クラウド化したAI日本語ソフトに進化したのであれば、無償のGoogle日本語ソフトは、従来の日本語変換ソフトの最高峰にあった有償の日本語ソフト「一太郎」と同等か将来それ以上のパワーと存在になるだろうということが見えてきます。

 

一太郎の価格は一太郎2017 プレミアム 通常版で、一万八千円前後ですから、これは大変なことです。

一太郎の完全な競合品になるということで、ユーザーにはとてもありがたいことです。

 

さらに、ブロガーとしては、このAIがわずか10日ばかりに間に「いやほん」が「イヤホン大丈夫」をも変換候補選択してくれる背景を考えると、さらに興味深い実態が想像されます。

 

今度の選挙は安倍与党の勝利

 

TBS星浩キャスターが本番中に演じたイヤホンポロリ事故で、いみじくも、番組制作側の舞台裏の、印象操作の実態が明らかにされてわずか10日ばかりです。

この短時間にAIが敏感の反応した言うことは、取りも直さず、日本のネットユーザーによる集中的な「いやほん」の打ち込みが在ったという事を裏付けしています。

 

そして、その多くが「イヤホン」を選択して最終的に「イヤホン大丈夫」と言う成文に着地したことを、Googleのコンピュータは確実に拾い上げ、そのビッグデータをAIに分析させ、クラウド上で利用可能にしていると言えます。

 

ではこのビッグデーターを提供した巨大な母集団であるユーザーは、なぜ「イヤホン大丈夫」を打ち込み、選択したのでしょう?

 

明らかにその大多数、否、ほとんど全員が、日頃から反日的、左翼的なスタンスで政治的に偏向報道をするTBSの失態を好機として認識し、それを揶揄し、それを検証し、さらにSNSで事実を発信するために、「いやほん」の打ち込みをした結果です。

 

ネット上で、クソ暑いときはクールな環境で、クールに、クールな時代のツールを使って自由に自己主張できる空間を利用しきっているネットユザーは、そのクールな人間が持つ政治的マインドには、保守的傾向が圧倒的に強いと言うことでしょう。

 

それを踏まえて、第48回総選挙を分析するなら、「安倍与党の勝利」が自然と浮かび上がります。

昨年、東京都知事選で、小池百合子氏が出馬決定するはるか以前に、その出馬をネット上で予測し、出馬後はその当選を予測しました。

同じく、昨年の 米国大統領選で、ヒラリー氏の落選とトランプ氏の勝利を予想した、ネット空間を飛び交う情報を検索分析する経験から、「安倍与党の勝利」が自然と浮かび上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました