「安倍一強政治」に問題があるのか?

ニュース

安倍一強

野党や反日左翼メスコミや偏向メディアは、口を揃えて、「安倍一強政治」の打破を言います。

それと同じような現象は、戦国末期安土桃山時代に、信長によって焼き討ちされた比叡山や、一向宗の門徒による、「信長憎し」と叫び、宗門の敵として教条的に叫んだ史実を思い起します。

 

それでは、野党や反日左翼メスコミや偏向メディアの「安倍一強政治の打破」と「安倍憎し」の構造と、日本史にあった「宗門の敵」「信長憎し」は構造が同じでしょうか?

どう冷静に考えても、答えは明らかです。

 

反日左翼メスコミのフェイクニュースを流し、偏向メディアは印象操作番組の垂れ流しで、記者は拘束され、番組制作者は拷問を受け、新聞社は焼き討ちされて、放送機材は破壊されたでしょうか?

 

民主主義の手続きで成立した、安倍政権が長期になり、それが安定政権になったということの背景には、取りも直さず、国民の圧倒的な、それも積極的な支持があったという現実を指摘したい。

長期政権

長期政権が悪いというのであれば、野党や反日左翼メスコミや偏向メディアに比較的人気にあるメルケル・ドイツ政権は、メルケル氏が2005年から政権を担当しているますから、もはや12年になりますが、安倍政権は2012年の第二次安倍内閣以来、まだ5年で、民主党政権以前の第一次安倍内閣の期間2年を加算しても、まだ7年に過ぎません。

 

安倍一強政治を産んだ原動力は、野党の能力の欠如と、その野党を病的に、教条的に支えてきた、反日左翼メスコミや偏向メディアの功績と存在が全てです。

 

「安倍叩き」をする関係者がそのことに気がついていないことに、不思議を通り越して、失笑してしまいます。

 

ベストセラー作家の存在は犯罪ですか?

ヒットチャートの並ぶ歌姫は犯罪者ですか?

強い横綱は犯罪者ですか?

 

安倍政権は、立憲主義のルールに基づいて信認を受け、リーダーシップを担っているに過ぎません。

 

そして、その安倍政権の存在を少数の教条的な市民が認めませんが、絶対多数の理性的な国民と現実主義を基調とする国民は、安倍政権を支持しているのですから、なんお問題もないでしょう。

 

日本の政治風土の不幸は、ひとえに、馬鹿な野党と反日左翼メスコミや偏向メディア、さらにはそれらを教条的に、無防備に受け入れる少数の「市民」と言う名の不思議な集団が、ひたすら、信認をうけた最強の安定政権の政治行動を妨げているとチウ現実です。

 

引用

希望の党は「安倍一強政治」を打破したいとして、情報公開の徹底や消費増税の凍結、原発ゼロなどの政策を訴えています。小池代表は東京や埼玉など、競り合いが続いていると見ている首都圏の選挙区を中心に街頭演説を行うなど、比例代表でも票の掘り起こしを目指して、支持の拡大を図ることにしています。

 

共産党は「憲法9条の改悪を阻止し、消費税率の引き上げを中止させる」と訴えており、志位委員長は東京や神奈川、埼玉などの首都圏で、街頭演説の回数を増やすなどして、比例代表と選挙区での議席の上積みを目指すことにしています。

 

立憲民主党は「安倍政権の継続を阻止し、国民の声に基づく草の根からの政治に変えていく」と訴えていて、枝野代表は東京や神奈川の接戦と見ている選挙区を中心に遊説を行い、ツイッターも活用して、支持の拡大につなげたい考えです。

 

今回の選挙で、この三野党が躍進するようなことは、夢々あってはならない現実が、今すぐ先の未来にあるということだけは確かです。

 

社民党と言う名の政党のナンタラカンタラ主張もありましたが、人様の目に触れさすのはあまりにも失礼と思い、カットしました。

 

あと一日、野党ににも、左翼マスコミにも、偏向メディアにも負けず、

台風ににもめげずに頑張りましょう♫

 

引用元

エラー|NHK NEWS WEB

コメント

タイトルとURLをコピーしました