ニセ100ドル紙幣の呼称は?

ニュース

ウルトラノートかもしれない

NHKニュース

エラー|NHK NEWS WEB

過去のおさらい

1990年代に流通したニセ100ドル紙幣は「スーパーノート」

限りなく作ったのは、北朝鮮と言うのが定説です。

 

約30年を経て、4年前に新デザインになった100ドル紙幣の偽札が、都内の上野、新宿の金券屋で発券されてというニュースで、連想したのが「スーパーノート」でした。

 

今度は「ウルトラノート」かも知れない

 

この手の犯罪があれば、すぐに思いつくのが、北朝鮮か中国人というのは世界標準でしょう。

なんと言っても、「スーパーノート」は、金正日が、国家と民族の威信をかけて、国家の財政・経済政策も視野に入れて印刷した偽札ですから、その技術は限りなく継承されていると見ても不思議ではありません。

 

北朝鮮が自称する技術レベルに関しては、先端の核兵器や、ロケットを開発できる技術先端国家同様です。

 

次に候補があるとすれば、これは、間違いなく「中国人」説。

「説」ですよ、「説」。

 

これはヘイトではありません。

 

こういう事案というか事件があれば、すぐに描く犯人像は、「中国人」というのは日本標準ですが、それ以上に、今や、世界標準になっていますから。。。

それでも、これは観念上のことですが。

 

札番号がKFで始まる

見分け方の一つに番号が、KF◯◯。。。。◯とのことです。

 

これは、「Korea Fake」頭を取ったのか?

するとGoogle翻訳は「韓国偽物」と反映しました。

 

南朝鮮人は、売春婦像の製造能力には長けて所がありますが、ほとんど本物に近い偽物を作るとなると、ホルホル韓国軍兵器を考えれば、それは今一つです。

 

 

注)ホルホル韓国軍兵器

軍艦に設置したレーダーは魚群探知機

・韓国海軍のホコリである、ヘリコプター搭載型強襲揚陸艦「独島」の甲板中央部に設置された、機関砲はレーダーが乱反射して、自分の甲板後部に着艦しているヘリを自動認識して破壊する恐ろしいオンゴール兵器

・障害物を乗り越えられな国産戦車

・潜水できない潜水艦

数え上げればキリがないくらいです。

興味のある方は、youtubeで「ホルホル韓国軍 兵器」で検索すれば、嫌というほど見つかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました