海ゆかば-さびを感じさせる独唱

ブログ

ミュージシャン・春風潮香

最近は気候もしのぎやすくなり、暇の徒然に、iPadのガレージバンドというアプリを、人差し指で追い、シンセサイザーモードで音の出し方を体験してからハマり、音を出して白日夢を楽しんでいます。

 

かなりヤバイね、ボケの初期症状かとも思うのですが。。

 

よく画家は長生きで、作家は画家ほどではないと言われます。

こんな話を聞いた時とっさに「キャンバスに好きな色を塗りつけて、それが印象的とか個性的とか言われて生きていけば、ストレスは無いから長生きするだろう」十数年前にある人に言ったことがあります。

それからすれば、作家は、本当の知力、空想力、個性、感性と言ったものを絞り出して原稿用紙のマスを埋めていく作業ですから、耐用年数とか賞味期限は多少短いかも知れません。

そんなことを思い浮かべながら、「Google+」にガレージバンドのことを投稿したら、 SNSの友人でミュージシャンの春風潮香(はるかぜしおか)さんが、超超超~の超初心者のkazanにコメントを下さり、大変詳細にわたるアドバイスを頂戴しました。

 

その春風潮香さんの動画コンテンツに、ご自身が歌う「海ゆかば」があります。

とて引きつける、興味深いコンテンツになっていますのでシェアしました。

二編ありますが、特にkazanが気にいった一遍のコンテツをシェアしました。

 

 

春風潮香「海ゆかば」準国歌

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました