ATMの金をおろしに行く・アフリカ東部ジブチのゲレ大統領が22日から訪中

中東

フランス語アラビア語が公用語で、イスラム教徒が94%のジプチのゲレ大統領、しっかり中国から銭をせしめてくるだろうと容易に想像がつきます。

中国がインド洋から、地中海に出るためには、紅海~スエズ運河を当然通りますが、この運河はエジプト政府が管理しているものの法的にはかなり自由で、国際協定における規定も存在し、1888年のコンスタンチノープル協定では紛争時を除き航行の自由が保障されましたが、「有事の際でも平時同様、軍事目的の船舶であっても、所属国の如何を問わず」航行が認められるという解釈もなされているくらい制約がありません

中国の本音から言えば、当然、エジプトに中国の影響力を行使するために、とてつもない経済援助の攻勢をかけていることは、簡単に想像できます。

ジプチもエジプトも中国人のケツの毛まで抜くくらいに根性で、資金供与と賄賂を米ドルで要求するのがベストです。

ましてジプチには、中国海軍の基地が建設されており、一個大隊規模の1,000人ほどの将兵が駐屯して、兵舎の建設や、艦船修理施設を建設中ですから、中国はジブチにとって、限度額無制限のATMですから中国マネーは絞り放題です。

ただその金は、米ドルのほうが絶対的に有利ですということをアドバイスしたいです。

どうせ中国のことですから、供与した金で中国製の航空機や武器を仰山買わせて、あわよくばその分を回収してなんてことを考えているでしょうから、ジブチ人の知恵が狡猾な中国の悪知恵にかてるかどうかが見ものです。

アフリカ東部ジブチのゲレ大統領が22日から訪中
中国外務省の陸慷報道局長は17日、アフリカ東部ジブチのゲレ大統領が、22~24日の日程で訪中することを、国営通信の新華社を通じて発表した。ジブチには中国軍が初の…

コメント

タイトルとURLをコピーしました