自民党は「歴史戦」を戦う気があるのか「自民党の歴史認識をめぐる問題への感度が鈍い」

twitter

「自民党の歴史認識をめぐる問題への感度が鈍い」

「サンフランシスコは失敗だった。こういうことをしっかり防いでいかないといけない」

【歴史戦】自民党、目立つ鈍感ぶり 安倍晋三首相「サンフランシスコは失敗だった…」
自民党の歴史認識をめぐる感度が鈍い。米サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の受け入れを決議したことへの対応は大幅に遅れ、韓国政府がトランプ米大統領との晩餐(ば…

 

 自民党の歴史認識をめぐる問題への感度が鈍い。米サンフランシスコ市議会が市内に設置された慰安婦像と碑文の寄贈の受け入れを決議したことに対し、党が怒りの声を上げたのは8日も後だった。

301 Moved Permanently

怒っていいるのは産経紙だけではない

下の記事にぶら下がった、twitter投稿記事です。

 

歴史戦だけは負けちゃいかんのです

以上のtweetが、Kazanの思うことに重なります。

産経紙の「はしご」を外すなと声高に発信したい。

どうせKazanの余命はあと10年か20年です。

このまま、内にあっては「PBの黒字化」との対決もできず、外では「歴史戦」に負けたら、今の子供や、学生、青年が国際社会で、どれくらいみじめで、卑屈な日本人になってしまうのかが本当に心配です。

無為無策で時間が経過すれば、20年後の国際社会では、中国が計画通り経済、科学、軍事を進行・達成をすれば、日本は国際社会での居場所はなくなります。

その時は、日本という国家の存在を無くするということに等しいことです。

「数だけの自民党」が、「アホだけの自民党」にならないことを、望むものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました