ICANという新興宗教が聖地(非爆国)に土足で乱入

twitter

ICANの無礼と野党議員の軽薄さー野党政治家はリアリストではないのか?

ICAN

日本人が核平気の恐ろしさをを一番知っているのは当然で、核戦争を望み、期待する人は一人も居ないと言って過言ではないでしょう。

この意識を持つ人間の人口密度はダントツの世界一だと想像しますから、その意味では日本は反核兵器のメッカです。

その証拠に、広島、長崎に投下された日には世界からそのような意思、そのような思いを持った人々が集まり、その思いを新たにしていることは、教養人や常識人の殆どとって衆知の事実です。

 

ICANが平和賞を受賞して、その運動の存在感を世界にアピールされたということによる利益は、当然ながら、被爆国としての利益と共通のものがあると認識します。

それが、受賞によりこの手の運動の主役になったがごとく、まるで凱旋将軍のような振る舞いを聖地である日本で行い、国会に押しかけ、一方、アホな野党議員は我先に、「我こそが、教祖様の一番弟子」とばかり集まって、ヨイショする様には呆れてしまいます。

 

野党には現実離れしたファンタジー症候群の感染者か、憲法9条教を信仰し、憲法論を神学論争に明け暮れしてきたうような現実離れをした議員が多く見られます。

 

平和賞が政治的、主観的即面側面が大きな受賞要件になっている事実があります。

この事実を踏まえるなら、戦後70年間、長年に渡り、神学論争に明け暮れた野党政治家やサヨク、人権活動家、声高に活動する平和主義者の多くは、国際舞台で、又、彼らが何よりも帰依する中国共産党の「孔子平和賞」にノミネートすらされたこともない国際社会での評価、現実に、自身のこの世界での存在の軽さを総括するべきです。

 

ICANの日本政府非難

ICANは日本に対して、核兵器禁止条約に日本は参加していないことに非難めいた声明を発信しています。

 

It’none of your business! テメィの知ったコッチャネィや!べらぼうメ

「聖地の教祖に、新興宗教風情がなにをぬかす」と一括する根性くらい見せておくれ。。

 

唯一の被爆国が、戦後70年を過ぎてなお、終戦間際に日ソ中立条約を一方的に破棄し、更に終戦一週間後には日本の北方国境にある日本領土への侵略を行い、戦争を常態に引き起こし、一般市民の生命財産を奪い、北方の領土侵害したソ連は、ロシアになってなお、平和条約の締結すら実現していません。

また一方終戦時は、中国・延安の山賊同様の中国共産党が今では、日本の南の領土に脅威を与えており、こうした核武装した強大な国と国境すら確定していません。

こうした国際政治の現実の中で日本政府は、神学論争やファンタジーからから目をそらせ、安全保障のためのリアリズムに徹する選択をしたということで、新興宗教のようなICANごときにとやかく差し出がましい事を言われる理由はありません。

 

他家には他家の、宗家には宗家の現実的な事情があることは、国際政治の常識です。

それだけに、聖地に土足で踏み込み、非常識なふるまいと日本政府を誹謗する新興宗教同様のNGOの言動には、無礼千万という言葉が最適なように思えます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました