「文春」VS「新潮」久しぶりにスクープ合戦・産経紙では読み切れない部分

ニュース

産経紙・【花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈663〉】『文春』が「“福島復興の顔”東電元副社長懺悔(ざんげ)告白『被災地運動家と関係を持ったら、5000万円要求されて…』

産経紙の限界(笑)

今朝、遅維持間に起床して産経ニュースをみると、上段タイトルが飛び込んできた。

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈663〉】「文春」VS「新潮」久しぶりにスクープ合戦
今週の『週刊文春』『週刊新潮』(ともに4月12日号)、久しぶりに週刊誌らしいスクープで張り合っている。『文春』が「“福島復興の顔”東電元副社長懺悔(ざんげ)告白…

未明の投稿では、産経紙に少なかからずの辛口コメントをしたkazanですが、この記事は、逆の意味で、高感度が持てる、わかりにくい内容の記事で、少なからず、全国紙としての産経紙の面目を見るような思いがする。

何のことはない、いかにも週刊誌的な内容の「男と女」の話題なので、全国紙の朝刊紙としての品格を保持するための、コラム扱いであったと思うが、それでも、産経紙の限界で、記事を読んでも、リアルな輪郭が浮かんでこない。

これはやはり、新聞記事下の広告や車内吊り広告を見れる環境に居ないkazanの大きなハンディキャップのようなもので、関連事項を検索して、ようやく全貌が見てきた。

検索結果、興味深い記事のリンク

やはり、この分野でのネット情報力は大きい。

そんな印象を受けた検索結果です。 これで、産経紙の記事背景が百倍面白く理解できるから不思議だ。

秀作

Nothing found for Archives 10811

一覧

・ロアTェレヲ プロフィール - Google 検ッチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました